スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪廻

今やハリウッドで最も成功した日本人監督となった清水崇。彼の最新作なら、同じ日本人として観ておかなければなるまい。レイトショーで観てきた。
元々怖がりなので、ホラーを観る前はいつも、「今からホラーを観るんだ」という心構えをする。でもなぜか今回は、全然準備してなかった。だから始まった瞬間に慌てた。なんでこの映画に限って、無防備でいるんだ、オレ?

きっと、タイトルがあんまり怖くないせいだろう。予告編を一度も観たことがなくて、事前知識が少なかったせいもあるだろう。そして実際に、ドキッ!としたり、ビクン!としたりする場面は、清水監督の映画にしては少なかった気がする。

その代わり、今回充実してるのはストーリーだ。「呪怨」にしても、「THE JUON」にしても、ショックなシーンはてんこ盛りだったけど、ストーリーは皆無だった。本作についても、話の筋なんかないものと思ってたから、この誤算はなかなかうれしい。

はい、しっかり騙されました(笑)。そんなどんでん返しあるなんて、思ってなかったもの。普通に観てたから、優香は死んだ女の子の生まれ変わりだと思い込んでいた。

ちょっと勘ぐったのは、監督を演じる椎名桔平だ。絶対こいつ父親だと確信してました。同じようにカメラ持ってるし。これも清水監督の見事なミスディレクションだ。

香里奈は誰の生まれ変わりなのか、全然想像つかず。でも、彼女クラスの女優をキャスティングする時点で、気づいてもよかったのかも。でも、わかるわけないよ。そんな展開になろうとは思ってなかったんだから。

セットのホテルと、実際のホテル、犯行の瞬間を収めたフィルムが交錯するクライマックスは、ものすごく斬新で見事だった。なかなか考えたね。清水監督、もうただの怖がらせ屋ではないようだ。

あまり期待していなかった優香。めちゃめちゃ熱演じゃないの。いつもの明るいキャラは完全に封印して、段々追い詰められていく異色のヒロインを演じきっていた。これは「リング」の松嶋菜々子以来の、ホラーヒロインの誕生だ。賞レースには絡まないかもしれないけど、ここでは絶賛しておく。

すでに海外からリメイクの話が殺到しているらしい。清水監督の再登板は当然だろう。驚くことに、なんともう日本公開タイトルまで決定しているという。それはもちろん、「THE RINNE」(笑)。とりあえず、「ザ」をつけときゃいいでしょ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[387]

こんばんは☆ 
DVD出たら見ようと思ってた映画でしたが、
かなり面白そうですねっっ
ブログを読ませてもらってやっぱり映画館で見る事にしました!

[388]

>マリア♪さん
観る前に読んじゃいましたか。
全部はばらしてはいませんが・・・
劇場で観ても損はしないと思いますが、
過大な期待は持たない方がいいですよ。
期待しすぎると、「なーんだ」になるかもしれません。

[389]

はじめまして
お邪魔させていただきます
私も昨日観にいきました
TBさせていただきます

[390]

>かおりん★さん
コメントありがとうございます。
またお越しくださいませ!
(ネタバレしてますが)

[391]

最後の捻り、良かったですよね。
自分も椎名桔平疑いましたw
TBさせて頂きました、今年も宜しくお願いします。

[392]

>linさん
今年もよろしくお願いします~♪
オレもコロッと引っかかりました(笑)
最近、先読みしちゃう悪いクセがついてたんですが、
そんなこともあって、この映画、評価せざるをえません。

[393]

清水監督作品は人によっては・・・全く受け入れないorハマった の両極端に分かれる傾向がありますね。
受け入れない人の論調を見ると、映画的完成度とか上質さを求めているような・・・
清水監督はわかってて、あえて「霊をはっきり見せる」という、中田、鶴田路線の逆を取っていると言ってましたから、そのへんがわかってないのではないかと思いますね。
わざとお下品サービス路線を取ってるのだから、それを構えずに楽しめばいいのにと思いますね。
さて、「輪廻」ですが、ストーリーも何もかも知らずに試写で見たのは大正解でした。
はっきり言ってナタバレ厳禁な話でしたからね。
私は「呪怨」シリーズは一番できが悪いというオキメグの劇場版しか見てないので
「輪廻」の方が断然楽しめました!
首吊りのシーンは声をあげてしまいました。あの発想は清水オリジナルですよね。
お下品で一見ストレートな恐怖の見せ方を批判されるバカ評論家がいますが、実はこの見せ方はやろうとしてもできないサジ加減があることを、今回は実感できました。
ストーリーがしっかりしている分、破壊的な怖さというのはないかもしれませんが、清水オリジナルなアイディア、センスは健在でした。

[394]

>kodyさん
昨日の深夜の番組に監督が出てて、
普通は白塗りのところをあえて、黒い幽霊を見せるんだ、
みたいなことを言ってました。
ああいうのは独創的ですよね。
監督を目指したきっかけが「E.T.」だそうですから、
P・ジャクソンみたいに、ホラーに始まっても、
夢は名作のリメイクだったりして。
ハリウッド第2弾は、例の映画のパート2だそうで、
「いつまでコレやってんだと思われる」と、
最初は断る気だったそうです。
面白い人でした。
(次は本当はコメディを取りたいみたいですよ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/460-a3e87f14

輪廻

監督 清水崇 主演 優香 2005年 日本映画 96分 ホラー 採点★★ まぁかなり突飛な考えなんでしょうが、例え死んだとしても、誰かが語り続けてくれていれば、それはある意味“生きている”のと変わらないんじゃないのかなと。極端な話、死んだのを誰も知らないとか。逆を言え

輪廻

優香と椎名桔平共演のホラーサスペンス。地味な映画だが、優香の演技がなかなか上手い上、筋書きもひねりが効いていて、予想外に面白かった。絵が粗い点やじわじわと謎の核心に迫る展開が日本のホラー映画らしいと感じた。35年前の無差別殺人事件を題材にした映画が製作さ

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。