ゴッド・アーミー 悪の天使

先月ビデオで観た「ニック・オブ・タイム」の悪役が、ちょっと物足りなかったクリストファー・ウォーケン。彼のピカレスクぶりを堪能するべく、ビデオ借りてきた。
第2次天国大戦の勝利を画策する堕天使ガブリエル。ケレン味たっぷりの悪の華を演じるのが、われらがウォーケン御大。ホント、ああいうのやらせたら天下一品だ。彼には人間らしくない役がよく似合う。車運転できなくて、死人をリクルートするなんてお茶目だわー(笑)。人間の敵なのに、もっと暴れてるところみたいと思ってしまう。彼の悪役ぶりは、安心して観ていられる。

ウォーケン御大の活躍は想定内だったけど、かなり驚かされたのは、主役の人間代表がエリアス・コティーズだったこと!あんな下種男専門の役者が、ガブリエルに対抗する元神父だなんて、信じられません。彼のベストワークは、「ゴールデンボーイ」の小汚い浮浪者役だと思ってるので、こざっぱりした格好で、まともな考えに基づいて行動する彼を受け入れるのに、ちょっと時間がかかってしまいました。

でも、ちゃんと洗ってひげも剃った顔は、それなりに整ってるのね。少し見直しました。でもやっぱり彼は浮浪者が似合うと思う。「シモーヌ」でとんでもないソフトを完成させるマッドエンジニアの方が、しっくり来るのだ。

ガブリエルにとどめを刺すルシファーを演じるのが、今やスター俳優のヴィゴ・モーテンセン。なかなかしぶい貫禄で、地獄の王の雰囲気を出してました。「地獄に血の海なんかない。地獄では信仰が失われるだけだ」という台詞は、なんか深くて唸らされた。なるほど、何も信じることのできない世界、それが地獄なのね。

ただ、信仰そのものに無関心なため、あまりハラハラしなかったのも事実。キリスト教の国の人々には、身近に感じられる話なのかもね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/454-de273043

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】