スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロード・オブ・ウォー

GyaOのネット試写会に応募したら、実施できなくなったとかで、お詫びの劇場招待券が届いた。こんなお詫びなら大歓迎だ。札幌シネマフロンティアで鑑賞。
英語には"warlord"という言葉がある。それをリベリアの将軍アンドレは、"Lord of war"と間違えて使い、武器商人ユーリーに指摘された。確かに間違いなのだが、"warlord"は範囲が限定される語感がある。せいぜい一国の指揮官がいいところだ。一方、"Lord of war"となると、ずいぶんスケールが違う。今の時代、戦争の行方を左右するのは軍人じゃない。武器商人だ。まさに、ユーリーこそが"Lord of war"、「戦争の支配者」なのだ。タイトルの持つ奥深さに唸らされた。

武器商人が主役の映画なんて、今まであったっけ?全く知識のない世界を見せてくれる映画には、興味もわくし、期待も大きくなる。でも、人殺しの片棒担ぎに共感はしないだろう、と思っていた。

これが意外や意外、結構感情移入しちゃうんだな。「オレがやらなくても誰かがやるんだ」と言われれば、その通りかなと思うし、「これがオレの才能なんだ」と言われれば、そうか天職なら仕方ないと諦めがつく。悪いことしてるヤツなのに、捕まりそうになればハラハラするし、奥さんにバレた時には、自分のことのようにがっかりした。不思議だ。とても許せる仕事じゃないのに。

お気に入り俳優のニコラス・ケイジが演じているというのもあろう。しかし、ユーリーが興味深いキャラになっている最大の理由は、仕事以外は普通にいいヤツだからじゃないだろうか。

いつも弟の生活を心配し、妻と息子には心配をかけぬよう気を遣う。妻の描いた絵をこっそり買いとって、妻を喜ばせようとする。武器商人でさえなければ、家族思いの温かい男じゃないの。

銃を売ることはできても、自分で撃つことはできない。絶世の美女二人に迫られても、エイズ怖さに手を出せない。決して豪傑でも荒くれ者でもない普通の男。その辺のサラリーマンとなんら変わらない。ただ彼の才能が、一般の人々と違っただけなのだ。

シュレッダーあとの紙くずを復元してまでユーリーを追う、執念の捜査官バレンタイン。最後は彼の勝ちかと思ったが、この映画は超怒級の皮肉をラストに用意していた。ユーリー、釈放。

それまで観てきた個人の商売に唖然としている場合ではない。その何倍ものスケールで武器輸出をしている国家がある。国連の常任理事国すべてが、人殺しの道具を世界中にバラまいているのだ。これは現代の「殺人狂時代」だ。戦争から離れることのできない愚かな人類。やるせない話だけど、これが現実だ。

終戦から60年が過ぎ、すっかり平和ボケした生活を送っている自分には、こういう映画が必要だ。シビアに考えさせられた。アンドリュー・ニコル監督、今まで皮肉をファンタジーでくるんだ映画を世に送り出してきたけど、本作ではついにそのベールを脱ぎ捨てて、アイロニーの牙を剥き出しにした。これからの作品が、ものすごく楽しみだ。期待してるぜ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[514] TB有難う御座いました♪

こんばんは~♪
ユーリーの言ってる事が屁理屈としか思えず全く共感出来なかったのですが、そーゆー事も含めて戦争に加担してる国や人に対してのアンチテーゼを提示したんでしょうね^^
中々見応えがありました。

ではでは~、これからもよろしくお願いします。

[515] >Akiさん

戦争で儲けまくってる国を批判する方法として、なかなかよくできてますよね。「武器を売るなんてダメ!」なんて当たり前に訴えられるより考えさせられます。この監督はすごいと思いますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/453-e8376405

ロード・オブ・ウォー

6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)色んな媒体でアクション扱いされてますが、これって全然アクションじゃないですよねぇ。劇場は分からないけど、少なくともレンタルでは人間ドラマよりもアクションの方が出が良いので、そーゆー扱いなんでしょ

ロード・オブ・ウォー

長かった。いつレンタル屋に借りに行っても貸し出し中の「ロード・オブ・ウォー」を

【洋画】ロード・オブ・ウォー

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 A-(演技4/演出4/脚本4/撮影4/音響4/音楽3/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ4/合計40)『評論』実話

映画鑑賞感想文『ロード・オブ・ウォー』

さるおです。 『LORD OF WAR/ロード・オブ・ウォー』を観たよ。 監督は『GATTACA/ガタカ』『THE TRUMAN SHOW/トゥルーマン・ショー』『S1M0NE/シモーヌ』のアンドリュー・ニコル(Andrew Niccol)。 出演は、製作にも名を連ねるニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)と、『ALEXANDER

ロード・オブ・ウォー

見落とされてる作品のような気がするんですがこれ・・・すごい、面白かったですよ!!!!!!!!...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。