スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホット・スポット

「砂と霧の家」「ダーク・ウォーター」と、貧乏キャラが板についた感のあるジェニファーちゃん。彼女が若くて輝いている映画が観たくて、ビデオ借りてきた。
劇中、八頭身のナイスバディを惜しげもなく披露してくれるジェニファーちゃん。当時19歳だから、そりゃ若いわな。はじけてるわな。あまりにまぶしくて、ビデオ一時停止しちゃいました(笑)。

でも、何が哀しくてこんな若くてキレイな娘が、安っぽいホストみたいな得体の知れないドン・ジョンソンに入れ込んじゃったのかね。一見、ジム・トンプソン風の物語。しかし、このジョンソン扮するハリーが何者か全然わからないので、共感していいもんかどうか迷いながら、話の筋を追う羽目になる。

結局、中盤あたりで、自ら火事を起こして、その騒ぎに乗じて銀行から金を盗む。これでやっと、「もしかしてナイスガイ?」なんて幻想は打ち砕かれる。なんだ、ただの泥棒じゃん。しかも、火事で誰かが死にそうになると、火の中に飛び込んで助け出したりする。でもそれは、単に自分のやったことが予想外に大きくなって怖くなったからに過ぎない。悪党としても中途半端。こんなやつ、ヒーローでもピカレスクでもない。

しかも、そんな半端キャラのくせに、横柄なダンディ気取りで、エロい人妻としっぽりやる一方、ジェニファーちゃんのような薄幸美少女ともうまくやろうと画策する。もしあのままハッピーエンドにでもなったら、スクリーンにリモコン投げつけてたかも。そこは、悪女ヴァージニア・マドセンの方が一枚上手で、人並みな幸福は、無残にもあっさりと砕け散る。やーい、ざまーみろ。

でも、似た者同士の二人が結ばれちゃうラストは、ある意味ハッピーエンドでもある。全然うらやましくないけど。

サンダルを使ったどんでん返しも、容易に想像ついちゃって拍子抜け。チープなフィルム・ノワールだった。デニス・ホッパー、この映画もドラッグやりながら撮ったのかな。まあ、ジェニファーちゃんの美しい肢体以外、なにか期待してたわけでもないから、がっかりもしないけどね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[372]

うふふ、ごめんなさい
これ読んでちょっと笑っちゃいました。
(Taoさんの嫉妬!)
このくらいの年の女の子は男を見る目がないのが普通ですよ~
彼女は欧米ではラビリンスの方が有名ですね。
でも、ジェニファー・コネリーというと「フェノミナ」の方を思い出しちゃうんですが、Taoさんはそっちは見ましたか?

[373]

>Weanaさん
自分で読み返しても、笑ってしまいました。
正直すぎです(笑)。
「ラビリンス」も「フェノミナ」も観てないんです。
彼女の映画はデビュー作以外は、ここ数年の作品だけ。
観なきゃいけませんね。
今度「フェノミナ」借りてきます。
なんか虫がいっぱい出るやつでしたっけ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/442-f5fa9dae

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。