キング・コング

今日のこの日をずいぶんと待った。朝からオリジナルと76年のリメイクも観た。3時間の長丁場にも耐えられるよう、昼寝もして体調は万全。公開初日、レイトで観てきた。
「『キング・コング』を観て、監督になろうと思った」と言うだけのことはあって、オリジナルへの敬意と愛情に満ちている。これに比べたら76年版は、冒涜しまくりと言っても過言ではない。

時代設定や主要人物のキャラ、見せ場の数々まで、とにかくオリジナルに忠実。クライマックスは当然エンパイア・ステート・ビルだし、ラストのデナム監督の台詞まで一緒だ。あの決め台詞は、絶対に外せない。

しかし、それから70年たってるのだから、ただ再現したんじゃ意味がない。最新のCGを駆使して、すべての見せ場が迫力アップしている。とにかくすごいのが、コングと恐竜との死闘の数々。オリジナルには、こんなになかった。特に、Tレックス3匹との延々と続く戦いは、思わず前に身を乗り出してしまった。

救出隊がブラキオサウルスの大群に追われる場面もすごい。あれに混じってたのはラプトルかな?あれだけの細い道で、全然踏まれずにキックでラプトルを倒したりして、やり過ぎの感もあるが、迫力に押し切られてしまった。

一番身の毛がよだつのは、でっかいムカデやらバッタやらの虫ども。アンの口に長い触覚が入るだけでも叫びたくなるのに、彼女の肩には2匹目が・・・ギャー!救出隊を囲む巨大昆虫の群れにもギャー!声を抑えるのに必死でした。頭から男を飲み込む「ザ・グリード」みたいな化け物も、気持ち悪かった。

そして特筆すべきは、もちろんコング。オリジナルのコングは怪獣だった。リメイクのコングは人間だった。今回のコングが、今までで最も獣らしく見えた。凶暴で、怖くて、人間にその感情は理解不能。そんなコングがアンと心を通わせていく。これを映像で表現するのは、並みの監督にはムリ。実際、ギラーミンにはできなかった。

アンがコングに惹かれていく過程は、過去2作よりもずっと自然に理解できた。逃げ出せるものなら逃げ出したい。でも、ジャングルには物騒な生き物がうようよだ。あのままなら、アンは命を落としていただろう。そんなか弱い存在を、コングは体を張って守り続ける。どんなに危険でも、手負いの傷を負っても。コングが示すのは行動だけ。そしてアンは、そこにコングの優しさを見る。言葉なんかいらないのだ。

だから、コングがNYで暴れた時も、アンは自らコングの前に現れる。前2作は、屋内ででかい手にさらわれていった。この違いは大きい。怒りに身を任せていたコングが、アンの登場であっさりおとなしくなってしまう。アンがコングの手に触れるところは、胸が熱くなった。

そして、今回のリメイクで最も重要な場面へ。アンとコングが、クリスマスツリーの並木道を通り抜けて、凍った池の上で束の間のデートを楽しむのだ。前2作にはなかったこのシーン、泣きました。コングは悪い怪獣じゃない。ただの大きな動物だ。アンに一途な愛を捧げ続ける、純粋な魂だ。監督のそんな思いがあふれ出た場面だった。

これがなかったら、ただの迷惑な大猿が、街を壊してビルに登って、撃たれて落ちた事件とも取られかねない。これがあったからこそ、クライマックスの悲劇に心を引き裂かれる。追われるようにエンパイア・ステート・ビルを登っていくコング。てっぺんの少し手前で、朝焼けの光の美しさに二人はしばし見とれる。ジャングルでの美しい記憶に思いをはせて。本当に、あの朝日は美しかった。

この時点で、もうすっかり二人の味方。次々と襲いかかる機銃掃射に、まるで自分が撃たれているかのように感じてしまう。ボロボロになりながらも、盾になってアンを守ろうとするコングに、さらに涙を搾り取られる。複葉機を叩き落とすと、「よしっ!」と拳を握ってしまう。最後には落ちるとわかっていても応援してしまう。

ここまでコングに感情移入するとは。ここまでアンを理解できるとは。どの場面を切り取っても、オリジナルを完全に超えた。3時間がまったく長いと感じなかった。2005年の最後の最後に、断トツのナンバー1映画に出会うことができた。今、監督に伝えたいのは、「ありがとう」の一言に尽きる。本当にありがとう。こんなに忘れがたい体験を、映画の入場料だけでさせてくれて。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[352]

凄い映画でした。
たとえ入場料が5000円だったとしても、やっぱり満足だったと思います。
私にとっても2005年のNO.1です。

[353]

>ノラネコさん
実際に出すかどうかは別として、
5000円の価値があるだろう数少ない映画の一つですね。
例えて言えば、見た事もないくらい超でかくて、
身がぎっしりつまってて、みそもたっぷり入った毛がにを、
一人で全部食ったあとのような気分です。
・・・うーん、イマイチか(笑)

[354]

続けてのコメですいません。。
Taoさんが、ここまで絶賛する「キングコング」!
何とでも時間を作って、絶対観に行って来ます♪

[355]

>知奈さん
この映画は、絶賛というか降参というか、
もうひれ伏したくなります。圧倒されました。
必ず劇場で。
でも、観る前にこんなネタバレブログ読んで、大丈夫ですか?
ホント、責任持たないんですから(笑)

[356]

TBさせていただきました。
コングを撃つ戦闘機に乗っていた人には
アンに気付いて もっと撃つのを ためらって欲しかったです。

[357]

>ロビオさん
きっと最優先でコング撃墜命令が出てたんでしょうね。
相手はコングです。
人間が手加減して勝てる相手じゃないですからねー。

[358]

初めてコメントさせていただきます。
「"やぎっちょ"のほぼ毎日映画ライフ!!」という映画評のブログを書いています、管理人のやぎっちょです。
相互リンクのお願いで、コメント書かせていただきました。
当ブログでは、左下の「【探す!!】~他のブログで」に、先にリンクを貼らせていただきました。
http://blog.livedoor.jp/bestbooks/
もしよろしければ、リンクをお願い致します。
今月はじめたばかりのブログですが、なんとか1週間に5本以上は映画を見てコメント残せるように頑張っています。
いろいろと参考にさせていただくこともあるかもしれませんが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
それでは、失礼致します。

[359] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[360]

>やぎっちょさん
はじめましてです。
リンクありがとうございます。
相互リンクはやってないので、ご希望には添えませんが、
コメント、トラバにはお応えするようにしてますので、
気になるレビューがあったら、ご自由にどうぞ。
お互いブログ頑張りましょうね!

[361]

突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。トラックバックさせていただきましたので、投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。

[362]

レスありがとうございます。
>相互リンクはやってないので、ご希望には添えませんが、
そうだったのですね。確認不足で失礼致しました。
私も映画は結構見ますので、是非コメントやトラックバックを貼らせてください。&色々と参考にさせて頂きます!
どうぞ、よろしくお願いします。

[363]

>やぎっちょさん
ご理解いただきありがとうございます。
お互いたくさん映画観て、楽しく語らいましょう!
これからもよろしくお願いします。

[364]

こんばんわ。おじゃまします♪
最初はド迫力もんでしたが、最後は本当切なかったです
キング・コングってこんなストーリーだったと知りませんでした。観てよかったなぁ~。
TBさせていただきました!

[365]

>きよさん
ホント、ド迫力でしたねー。
劇場で観てよかったと思います。
ぜひ、オリジナルも観てください。
あれはあれでいいですし、
今回のリメイクの素晴らしさも再確認できるはず。

[366]

まさに人間臭いコングでしたね。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

[367]

>linさん
人間くささなら、76年のリメイクの方が上です。
なんたって、立ち姿が人間ですから(笑)
今回のコングは、なかなかゴリラでしたよ。
ゴリラの鑑です(笑)
今年もよろしくお願いしますー♪

[368]

こんにちは^^映画のブログサイトを初めて間もない間に幾記事かTBさせていただいております。
また、TBもいただき本当にありがとうございます。
さて、この度、新サイトの方に引っ越しいたしましたので改めてTBをさせていただきます^^。サイト名も「遠慮無く…書くよ!」そのままで旧サイトは「旧・遠慮無く…書くよ!」と改めまして今暫く跡地としての残しておきます(笑)。新サイトでは本音で作品を解体してしまうほど突っ込んでバトル出来るところにしたいと思っておりますので、是非お立ち寄りくださいませ^^ 
どうぞこれからもよろしくお願いいたしますね

[369]

>セリさん
ブログの引越しって大変ですよね。
オレも某所から今のところに移りましたが、
もう疲れたのなんの。
また引っ越そうとは、なかなか思えません。
これからも本音トーク期待してます。
お互いがんばりましょうね♪

[370]

はじめまして、札幌発のおバカ映画フリーペーパー「ローデッドウエポン」のDJと申します。
検索でここにたどり着いたのですが、札幌近郊にお住まいのようですので、もしよろしければ、私どものフリーペーパーを手にとっていただければと思います。
キングコング面白かったですねー。色んな意味で愛の映画でした。私どもで行った年間ランキングでも、一位。12月公開にもかかわらず。DVDではなく、また劇場で見たい作品です。

[371]

>DJカナイさん
近郊ではないですが、ときどき札幌行きます。
今度探してみますね、フリーペーパー。

[486] こんばんは~♪

いつもお世話になってます♪(しかも無言TBばかりで・・・スミマセン。)
お引越しされたのですね!

それにしても技術の進歩って凄いですよね!
表現力が格段に高くなってますし、結果として説得力も増してますよね~!
個人的にはもう少し導入部は短くして欲しかったです(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします。

[490] >Akiさん

こちらこそいつもどうもです。これからもよろしく~♪
重量感のある3時間でしたねー。オレは導入部も好きですよ。監督の思い入れのあるスカルアイランドですから、じっくり描きたかったんでしょう。愛情のなせる業ですね。

[504]

TBありがとう。
期待していた映画に胸ときめかせて、実際にそれ以上の感動を得るというのは、本当に幸福な映画体験ですね。よかったと思います。

[506] >kimion20002000さん

本当にそうですね。映画は期待度対比ですから、期待するとそうでもなく、期待しないと意外とよかったりします。だから、あんまり期待しないようにしてるんですが、この映画は期待せずにはいられませんでした。その期待を上回る作品・・・なかなかありませんよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/441-ef07687b

キング・コング

7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)誰もが知ってる(かな?)でっかいゴリラのお話です。このゴリラ、普段は人と同じ姿なのに満月を見るとゴリラに変身して大暴れ。地球を滅ぼしてしまうくらいの力があるので、お尻に尻尾が付いてる人が居たら要

NO.154「キング・コング」(ニュージーランド・アメリカ/ピーター・ジャクソン監督)

ナオミ・ワッツは日系であると、僕は根拠もなく思い込んでいた。本当に恥ずかしい話だが、最近まで、ナオミ・ワッツには日系の血が混じっていると思い込んでいた。どこで思いこんでしまったのだろう?謎である。(苦笑)そういえば、スーパーモデルでナオミ・キャンベルとい

キング・コング

キング・コング 通常版KING KONG2005年 ニュージーランド・アメリカ迫力の映像に圧倒された。すごかった。そしてラストは涙、涙。序盤の航海のシーンはちょっとだるくって、こんなダラダラ作るから3時間に

キング・コング

映画館で予告を観ました。監督のピーター・ジャクソンが熱く語ってました。できることなら映画館で観たかったのですが叶わず。DVDで鑑賞。大恐慌時代のニューヨーク。 新作の製作を打ち切られた映画監督のカールは給料が未払いのまま劇場が閉鎖となり途方に暮れて

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】