ビフォア・サンセット

前作は、遅ればせながら今年の7月にDVDで鑑賞した。この続編ができるまでに、実に9年の年月が過ぎたわけだが、オレの場合はたった5ヶ月。邪道ですね(笑)。前作のインパクトが残っているうちに、DVD借りてきた。
この続編をみるにあたって考えることは、きっと誰でも一緒だろう。

1.あれから半年後、二人は約束の場所に行ったのか。
2.行ったにせよ行かなかったにせよ、今二人はどうしているのか。
3.そして、二人はこれからどうなるのか。

1については、二人が再会してすぐに明かされた。どっちかと言えば、海を渡って来なきゃならん男の方が大変なはず。でも、やっぱり行ったね。行ったと思ったよ(笑)。相手がジュリー・デルピーなら、万障繰り合わせても行くよ。来なかったのは女の方だった。でも、冠婚葬祭は大事にしなきゃいけないから、仕方がない。もし、おばあちゃんが死ななければ、二人の人生はガラっと変わってたに違いない。

しかし、再会しなかったことが、二人のその後の人生を決めたこともまた事実。男は結婚して子供をもうけるも、女を忘れられず、家庭はうまくいっていない。女に会いたいがために作家になって、あの思い出の一夜を本にして出版。欧州遠征を宣伝することで、どこかにいる女に自分の存在を気づかせようなんて、あまりに壮大な計画で泣けてくる。

女は女で、もしかしたらを期待してNYへ留学。その後帰国するも、誰かと結婚するほど深い関係にはなれず、いまだ独身のままだ。

そんな二人が見事再会を果たしちゃったんだから、ただで済もうはずがない。初めは小出しにしていた本心が、いつしか堰を切ったようにあふれ出していく。「君に会いたくて本を書いた」は絶対に嘘じゃないし、女の歌の歌詞の中の男の名前がその時々で変わるなんて、絶対嘘に決まってる。

飛行機の時間が迫ってるというのに、女の部屋でまったりとして終わるラスト。またまた、「この後どうなっちゃうの!?」だ。でも考えてみれば、会いたくて会いたくて、長い年月をかけた計画が成功したのに、「じゃあまた」なんて言って、さっさと帰っちゃうわけないわな。妻子を捨てても、本来望んだ人生に軌道を戻そうとするんじゃないだろうか。もちろんそうすると、家族はかわいそうだけど、かといって今のままじゃ、誰も幸せにはなれない。いつまでも分別のある大人でいていいとは限らない。

その辺のことを知るには、9年後の「アフター・サンセット」公開を待つしかない(嘘)。次は、倦怠期の不倫カップルでも描くんだろうか。

しかし、ジュリー・デルピーって9年たっても、全然変わんないな。あれから1年後って言われても、納得するかも。とても30代には見えません。

一方、イーサン・ホークは変わったね。顔のシワが異常に増えてない?でも、ずいぶんといい男になった。前作の彼は、いつもニヤついててシニカルで、男から見てもイマイチな感じがしたから。9年の間に、大人の余裕が身に着いたみたいだ。今回の彼には好感が持てた。生涯の女に再会できた幸せを、素直に応援したくなりました。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/433-10bcce7a

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】