スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイキング・ライブス

「Mr. & Mrs. スミス」公開が近づき、アンジーの主演作を観ようと、DVD借りてきた。
まずもって戸惑ったのが、舞台がカナダだったこと。オレ、観初めてしばらくフランスだとばっかり思い込んでたのよ。警官も刑事もフランス人なら、普通フランスだと思うよね、ね。モントリオールがそういう街だなんて、知らなかった。英語圏に、フランス語が第1言語の都市があるなんてさ。え、オレだけかな。単に無知なだけ?

そんなわけで、ちょっと面食らいながらも、なんとかストーリーについていこうと必死。他人の人生を乗っ取るなんて、そんなことホントにできんの?いつまでも半信半疑で観てるから、映画の深いところまでのめりこむ事ができなかった。

アンジー以外のキャスティングもかなり豪華。うさんくさい役が似合ってきたイーサン・ホークに、実はうさんくさくないキーファー・サザーランド。チェッキー・カリョにジャン・ユーグ・アングラードの「ニキータ」コンビに、オリヴィエ・マルティネスを加えたフランス俳優ドリームチーム。そして存在感たっぷりのジーナ・ローランズ。

アンジーとホークは、過激な濡れ場も含めて見所たくさんあったけど、その他は総じて役不足だったかな。アングラードに至っては、映画の途中で殺されてしまうし。ローランズの殺られ方はショッキングだったけど、あまりに猟奇的でアンバランスなものを感じたのも事実。

犯人と寝た責任を負って、FBIを辞めて隠遁生活を送るアンジー。そこからのクライマックスは、全部読めました。オレが読めるぐらいだから、天才犯罪者のホークなら、その辺までお見通しでもよさそうなもんなのにね。

まあ、でも、鋭利なナイフのような雰囲気は、結構好きだったりする。一生懸命すごい映画を作ろうとして、あと一歩及ばずという惜しさを感じる。もう1回観たら、もっと楽しめるのかも。もう1回観る機会があればね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/424-d4ceef77

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。