スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インファナル・アフェア 無間序曲

警察とマフィアがそれぞれに潜入を送り込むという、かなりトリッキーな設定にも関わらず、エモーショナルで熱い名作に仕上がった前作。本作は、今流行りのエピソード1だ。DVD借りてきた。
まさか1作目を観ずに、こっちから入る人はいないと思うけど、もしそんな事しても、この映画のよさはまったくわからない。これは、前作あっての映画だから。

1作目の主役、ラウとヤン。本作ではどちらも駆け出しの若造で、決して主役ではない。代わりに見せ場が増えているのは、ウォン警部とサムだ。

前作で敵同士だった二人が、冒頭から仲良しで登場。しかも、かなり厚い友情で結ばれている。これには驚いた。この友情は全編を通して続くのだ。

しかし、警部がサムの妻を口説いて、手下のラウに親分クワンを殺らせたことがサムにバレたら、さすがにこうは行かんだろう。殺人教唆で干された警部を、南国の島でサムがなぐさめてるのを見ると、まさに知らぬが仏だと思う。

主役不在の群像劇。アナキンを柱に据えた「スター・ウォーズ」エピソード1~3とは、そこが違う。終着点が決まっているというところは同じだけど。それでも、前作の感動の勢いを借りて、脚本のうまさと、俳優たちの魅力で、一気に見せてくれる。結構面白い作品に仕上がっていたんじゃない?

ただ、一つだけ納得行かないことがある。ヤンは何で、最後にサムの手下になったのか。親分のハウを殺したのは、実質サムみたいなもんじゃないか。どう考えても、親分の敵の軍門に下る理屈が見当たらない。あの辺がちょっとこじつけだったかな。でも、そうしないと次に続かないし、それ以外は概ね満足でありました。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/422-fff84408

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。