隠し剣 鬼の爪

「たそがれ清兵衛」も「蝉しぐれ」も、心にしっとり染み入ってくる傑作だった。同じ藤沢周平原作の映画だ。DVD借りてきた。
松たか子って、パッと見はあまりタイプじゃないんだけど、映画を観るとすっかり魅了されてしまう不思議な女優だ。「四月物語」もそうだったし、本作もまたそう。

武士の片桐に奉公するさえは、使用人という立場ながら、これっぽっちも卑屈なところがない。屈託のない笑顔で、旦那様にも軽口をたたく。そんなこと絶対に許さない傲慢侍が主人ならこうは行かない。片桐の家だから、さえの良さがフルに発揮されていたのだ。

なのに、嫁に出してしばらくたってみたら、痩せてやつれてまるで別人のよう。そのうち、病に寝込んでしまったと聞けば、さえを大切にしていた片桐は、いてもたってもいられない。あまりにひどい扱いに憤って、さえを担いで連れ去る片桐は、本当にかっこよかった。いくらおえらい侍でも、普通は世間体を気にしてあんなことはせんのでしょう。あの片桐には、心から拍手喝さいだ。

とはいえ、親友に痛いところを突かれれば、自分のしていることを見つめなおす気にもなる。「お前はどうでもいいが、このままだとさえがかわいそうだ」・・・それもそうだと思った片桐は、海を見たことがないというさえをデートに誘う。このときのさえの喜びようったらない。そして、楽しいムードが別れの時に一変するギャップに、観ているこちらまで切なくなって、胸が張り裂けそうだった。

その後片桐は、友達だった狭間を斬り、許せない家老の堀を隠し剣で成敗する。そして、侍稼業に嫌気がさして、新たな人生を歩む決意をする。行き先は蝦夷だ。でもさすがに一人でそんな遠くに行くのは気が重い。意を決してさえに告白するラストは、もう祈るような気持ちで観てました。

侍を辞めたんだから、さえとの身分の差はもうない。そんな片桐がさえを好きだと言ってる。さえも好きだったでしょ?昔から勝手知ったる仲なんだし、死にそうな時に助けてくれたんだし、本当は離れたくなかったんだし。蝦夷は寒くて大変だけど、二人で頑張ればなんとかやっていけるよ。頼む、さえ、うんと言ってくれ!

こんな片桐&観客の必死の願いに対し、さえはこう答える。「旦那はんのご命令でがんすか?・・・ご命令だば、仕方ありますね」・・・粋な返しに、もう涙ぐみながら拍手しちゃいました。最高に気持ちのいいラスト!自分が言われたかのようにうれしかった。

これは恋愛映画だったのね。もう一度、最初から観直したくなった。松たか子、やっぱりいいなあ。あんな女性、身近にいないかしらん。江戸時代にタイムスリップしないとダメ?

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[273]

Taoさん、
今、この映画ロンドンで封切りしているんですよ。
でも、上映会館が1館か2館だけなので、フルタイムの働く母は行けない・・・
日本からDVD送ってもらうしかないかな?
話は変わりますがナルニア見てきましたよ!
特撮がものすごい自然な感じで本物のライオンが話をしているようだし、全てが本当に夢のようでした。
子供たちの演技もすばらしかったです。
エドムンドがターキッシュ・デライトというお菓子をほおばる場面があるのですが、このお菓子はまずいので有名なんですよ。
戦時中の話なので、他においしいお菓子がなかったんだろうなー(笑
最後に、映画が終わったとき子供たちが拍手してました。(うちの息子を含めて)
出演者のエンドロールが始まっても帰らないでくださいね。
もう1場面残ってます。

[274]

>Weanaさん
英語タイトルは何て言うんですかね。
Hidden Knife, Devil's claw でしょうか?
(まんま英訳してみました)
ナルニア観たんですね。うらやますぃー!
予告編だけで期待度大です。
来年3月まで待ってください。
観たらブログ上げますので(笑)。
それまでは見ざる聞かざるなのだー。

[678] いいですね

私、金曜ロードショーで見ましたとてもいい話でした最後は幸せになるじゃなかったでしたけではまた来ます

[679] >みよちゃんさん

テレビ放映されたんですね。アクセス急増で気づきました。
ラスト、最高に気持ちいいですよねー。男の立場で観ると、自分がさえに告白して、さえから返事をもらった気分になります。ある意味、体感ムービーですな(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/403-c2b1ec1c

映画DVD「隠し剣 鬼の爪」

2004年 日本 監督:山田洋次 主演:永瀬正敏、松たかこ ? ■ストーリー 山田洋次監督時代劇三部作の2作目 幕末、東北、海坂藩の下級武士 片桐宗蔵 3年前に母を亡くし、いまだ独り身でいる。 ある日、以前奉公してい....

純愛・・・・眩しすぎる

純愛・・・・眩しすぎる 心に響く映画を見た。 地味ゆえに、まったく期待していなかった「隠し剣 鬼の爪」だったが、ドップリはまってしまった。 幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍である片桐宗蔵は、母と妹の志乃、女中のきえと、貧しくも笑顔の絶えない日々を送って...

隠し剣 鬼の爪

ブログネタ:一番にあけおめって言いたいのは誰? 参加中 新年、明けましておめでとうございます。 皆様のお陰で励まされて、 このブログもまた新しい年を迎えることが出来ました。 また新旧、良い作品を紹介していきたいと思いますし、 良い作品に出会えれば

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】