スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミノ

ブチ切れキーラ・ナイトレイと、復活ミッキー・ロークが気になる予告編。トニー・スコットの新作は、娯楽作品として単純に面白そうだ。レイトで観てきた。
実在のバウンティ・ハンター、ドミノ。撮影には本人が協力していたようだが、その後、謎の死を遂げたらしい。映画の最後に本人が映されて、キーラとは違う声の「私はドミノ・ハーヴェイ」という台詞がかぶる。あれは本人の声よね。実話の重み、感じました。DVD出たら、たくさん特典映像がつきそうね。

本人よりも数段美人のキーラ。ハードなアクションをこなす一方で、下着姿でセクシーなダンスをしたり、砂漠の真ん中でのラブシーンにも挑戦する。いろんな意味で体当たりの一作。ただのキレイな姉ちゃんじゃないのよ、アタシは!という、キーラの魂の叫びが聴こえてきた。

「シン・シティ」から続く、ミッキー・ロークの貫禄ある演技もうれしい。余裕しゃくしゃく、こういう役ならお手のものという自信が、スクリーンから伝わってくる。整形に失敗したような顔も、あまり気にならず。サングラスすれば、昔とまったく変わらない。社会の裏稼業やらせたら、今や1、2を争う役者だろう。

「ビバヒル」の俳優が、自身の役で登場するのも面白い。本人出演の場合、クレジットは普通、「実名 Himself」と紹介されるもんだが、この映画では「Himself 実名」と、順番が逆だ。架空の自分を演じてるんじゃない。本人が、実際にあったことを再現しているんだ、というのがよく伝わってきた。

しかし、よく引き受けたね。とんちんかんな受け答えをしてエドにたしなめられたり、ドミノをからかって鼻の骨折られたり、ファンに「まだ生きてたの」なんて言われたり、かなり情けない思い出のリピートだ。その後は「セレブな人質」にされて、男の腕がもがれるのを目撃したり、銃撃戦の寸前で逃げ出したりと、尋常じゃない体験までしている。あれを他人にやらせたくなかったのかな。エレベーターでの解放された喜びは、自分らが一番表現できるものね。

ドミノの生き方は、あまりに人並みはずれてて、映画の題材にはもってこいだ。しかしこの映画の手法は、あまり褒められない。破天荒な人生をフィルムで再現するには、破天荒な方法が合っていると判断したんだろうが、あまりに編集が凝りすぎ。スピード感はある一方、話がどんどん進んでしまって、上滑りを起こしている。画面を観てはいるんだけど、頭では考えていない瞬間が何度もあった。「あっ!オレ、何も考えないで観てる!」って、何度も気づいたもんね。

実話なんだから、重厚に撮ってもよかったんじゃないか。トニー・スコットのいつものセンスが、今回は裏目に出てしまったようだ。かなり残念でならない。

<10/30追記>
実話だと思って観たんだけど、どうやら違うみたい。確かに冒頭で、「実話です。大体はね」なんてテロップ出てました。実在の人物に、架空の話をやらせたのかい?まあ、本人が了承してるんだから、構わないんだけども。

編集だけでなく、展開そのものがトリッキーなのは、脚本担当のリチャード・ケリーが原因のようだ。世間ではカルトと評価されてる「ドニー・ダーコ」の監督だ。あの映画、オレ全然ダメだったんだよね。こいつの作品はもう観るまいと思ってたのに、知らずにまた観てしまいました。ガクッ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[265]

お邪魔します~♪
ミッキー・ロークが良かったです!こういったちょっとワルの香りのする役は、もう彼にピッタリでしたねぇ~♪今度は、凄みのあるホンモノの悪役を演じて欲しいです!

[266]

>はっちさん
お久しぶりです~♪
脇で光るいい役者になりましたね、ミッキー・ローク。
個人的なオススメは、「レインメーカー」です。
もう観ましたか?
あれも脇役ですが、彼が出るだけでうれしくなります。
ヒマなときにどうぞ。

[267]

TBありがとう。
DVDは、特典がついていて、楽しめましたよ。
本人がたくさん出ていました。
脚本は、カルトね(笑)

[268]

>kimion20002000さん
この映画、評価する向きも多いようだけど、
個人的にこの脚本家、まったく信頼してないんですよ。
だから、「ドミノ」もダメ映画に分類せざるをえません。
ああいうセンスを、いいと言いたくないんですな、意地でも(笑)。
DVD特典は、ちょっとうらやましいかも・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/396-92986ca8

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。