スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・スピード×2

前作が面白かったから、というよりは、「シン・シティ」で1、2を争う名キャラだった殺し屋ミホを演じたデヴォン青木が気になったから。彼女の銀幕デビュー作を借りてきた。
DVDには、前作からの架け橋となる「プレリュード」なるエピソードが入っていた。あれは劇場では観れたんだろうか。大した話がある訳じゃないけど、それなりに金かけて作ってるみたいだから、DVDってお得よね。あんまりDVD特典多いと、映画館行く人減っちゃうんじゃないだろうか。

そんな余計な心配はさておき、映画そのものはストリート・レースやカーチェイスが満載で、クルマ好きは満足するようになってるはず。クルマ好きではないものだから、それ以外のところに注目すると、悪党の金をチョロまかして終わりというラストには、ちょっと不満。前作には、カタルシスがあったからね。あれには遠く及ばない出来だ。

クルマに興味がなくても、日本製のスーパーカーがカッコよく活躍してくれると、何はともあれうれしいから不思議だ。今やスーパーカーの最先端って、日本車なんだね。ポルシェじゃないのね。フェラーリじゃないのね。ランボルギーニ・カウンタックじゃないのね(小学校低学年の時スーパーカーブーム)。

キャストで目立ったのは、男よりも女たち。最近売れてるエヴァ・メンデス、ここでは潜入捜査中の女刑事。現実にはいないタイプだと思うけど、ああいうのワイルド&セクシーを演じたら、今や彼女の右に出る者はいない。カッコいいわー。

そして、お目当てのデヴォン青木。撮影当時、免許さえ持ってなかったみたいね。でも、彼女がハンドルを握ると、それなりに様になるから不思議。これがスーパーモデルの存在感かしら。劇中、結構かわいい笑顔も見せたりして、案外普通の女の子なのかなと思った。「シン・シティ2」も楽しみだ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/388-93b615fe

アマウリー・ノラスコとワイルド・スピード2

最近水面下でメンテナンスをしているわけですが飽きてきそうになりましたので、趣旨を替えてキャストが出演した映画を紹介。 プリズン・ブレイクではスクレ役でおなじみのアマウリー・ノラスコが出演した映画は「ワイルド・スピード2」。

『ワイルド・スピードX2』を観たぞ~!

『ワイルド・スピードX2』を観ましたカー・レースに熱中する若者たちが改造車を駆り、限界ギリギリのストリート・レースを繰り広げる大ヒット・カー・アクションの続編です>>『ワイルド・スピードX2』関連原題:2FAST2FURIOUSジャンル:アクション製作年度・国:2003年・...

ワイルド・スピードX2

ワイルド・スピードX2 を観賞。僕は車好きでもあるのでこの手の映画が大好き!だから映画で車がかっこよく登場したりすると、「この監督は車好きなんだろうなぁ」って思ってみてる。この前レビューしたチャーリーズ・エンジェルでもフェラーリにワクワクしたし、ザ・ロ

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。