スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニーは行く!

「ステルス」で主役を張ったジョッシュ・ルーカスが、リーズ・ウィザースプーンの相方を務めるコメディ。公開時は、男性からの評判があまりよくないと聞いて、劇場スルーしてしまっていた。DVD借りてきた。
テンポもいいし、笑える場面も多くて、映画として楽しめないわけではない。でも観てわかったよ。この映画が、世の男たちに受けない訳を。

ひとことで言えば、こんな女こっちから願い下げだからだ。

故郷では、素行の悪さから「悪魔のメラニー」と呼ばれ、一緒に悪さをしていた幼なじみと一緒になったメラニー。しかし、未来のないダンナに飽きたのか、故郷もろともポイっと捨ててNYへ。自分の家族さえ恥と思い、名前まで偽ってファッション界デビュー。なぜか才能があったらしく、脚光浴びたところに、NY市長の息子からプロポーズされる。出だしだけで、鼻持ちならんくらい都合のいい展開だ。

そんな女がすったもんだした挙句、それでもこの女と結婚したいという奇特な男と結婚式を準備する。だけど、いざ結婚という土壇場で、元サヤに戻ることを決断する。

え?「自分自身が離婚届にサインしていない」って、どういうこと?理解しろという方が無茶な展開だ。あれが通用するなら、世の中に脚本家はいらない。なんでもいいんだから。

さらに都合がいいのは、そんな無茶苦茶を理解してくれるフィアンセだ。嘘だろー!と怒鳴りたくなるよ、まったく。そんな物分りのいいヤツはこの世に存在しないし、そんなヤツをいい男なんて言う女は、男をバカにするにもほどがある。噴飯ものの展開だ。

怒った母親が殴られて倒れて、なんか溜飲下げる場面みたいになってたが、ありゃ怒る方が当たり前だろ!あまりに理不尽で許されない話に、口がすべるくらい何だっちゅうのよ。女の方が殴られて当然だろうが。

もしアラバマ出身女性の結婚率が下がったなら、間違いなくこの映画のせいだ。全米の男たちは、この映画を観て、あそこの女は絶対に願い下げと思ったことだろうから。

女にだけ都合のいい映画というのは、時にものすごく不快な気分になる。いくら映画としての体裁が整ってたとしても、オレは認めたくないね。こんなの映画の夢でもなんでもない。何の足しにもならないから。あー、言いたい事言ってすっきりした。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[259]

Taoさん、
このコメント読んでちょっと思ったのですが・・・
この主人公が女性ではなくて男性の設定だったらどう思いますか?
それだと、この映画は普通の設定の映画でフィアンセは物分りのいい優しい女性ってことになるんじゃ??
未だ、みてないのでなんとも言えないんですけどね・・・
リーズ・ウェザースプーンの主演する映画は割りと「女性もこうしてみたいのよ!」という感じの映画が多かったもので・・・
気を悪くされたらごめんなさいね!

[260]

>Weanaさん
いやいや気を悪くなんてしませんよ。
でも、たまにはマジメに答えましょう。
この主人公が男なら、メラニー以上に鼻持ちならないクソバカでしょう。自分勝手に女を捨てて、女性から総スカン食らうだけじゃなく、同性からも「こんな二股野郎は死ね」と言われること必至です。間違いありません。
ウィザースプーンは他に「キューティ・ブロンド」ぐらいしか主演作観てませんが、あれも都合がよかった(笑)。でも、あっちはいい映画でしたよ。こっちは、脚本家がちゃんと仕事してません。こういうのイヤなんですよね。
まあ、観てみてください。女性には受けがいいようですから。

[738] 女性ですが…

私もこの映画見てメラニーに、このストーリー展開に不快に思いました。女性から見ても全く共感できない作品です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/386-4922b13b

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。