ドラッグストアガール

「容疑者 室井慎次」での健闘光る田中麗奈。彼女の違う映画が観たくて、DVD借りてきた。
ラクロスというスポーツ、知っていたのは名前ぐらいで、どんな競技かよく知らず、さして関心もなかった。マイナーな分野に焦点を当てたマイナー映画だろうと高をくくっていた。

そんなオレでも、一緒になって「バンブー、バンブー」って口走っちゃうぐらいだから、この映画ただものではない。クドカンの術にすっかりはまってしまった。それは冒頭から炸裂する。だっていきなり田中麗奈のトイレシーンだぜ。そんでもって、ユニットバスのカーテンを開くと彼氏が浮気中。あの何とも言えない雰囲気。憎いぜ、クドカン。

コメディ初挑戦の田中麗奈が、とにかくかわいい!中年オヤジたちがみんな惚れてしまうのも、よくわかる。ヒロインが魅力的に描ければ、こういう映画の場合、半分以上成功したも同然だ。明るくて、裏表がなくて、自分の感情に素直。いい気になったオヤジをビシビシしごく姿も爽快だ。オレも彼女にしごかれたい!

そんなオヤジ心に火がついちゃったオヤジどもも、また個性的だ。特に柄本明が出色。「容疑者 室井慎次」では田中麗奈の上司役で、枯れた演技を見せていたのに、ここでは油分ギラギラの濃いオヤジを熱演している。「セルフメディケーション」の言い間違いは、ベタだけど吹き出した。そりゃ確かにあれはセルフだけど(笑)。

六平直政や伊武雅刀が、オヤジ丸出しでがんばってる一方、お笑い専門家の三宅裕司はちょっとおとなしめ。本人もインタビューで、「受けの演技で苦労した」と言ってた。ああいう、「オレがオレが」な面子の中では、かなり物足りないかもね。大体、途中で死んじまうし。あれはびっくりしたねー。あそこで普通に殺しちゃって、それでもコメディの雰囲気をキープするのは、クドカンの才能なんだろうね。

DVDの特典に、田中麗奈と監督の全国行脚の様子が収録されてた。全部見るとかなり長いんだけど、これまた田中麗奈の溌剌さで見入ってしまった。最近、彼女の株急上昇中。「がんばっていきまっしょい」の頃と比べても、いろんな殻を破って成長しているのがわかる。ラストのミニスカ、まぶしかったなあ(結局そこかよ)。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/361-fec9e22d

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】