夢のチョコレート工場

「チャーリーとチョコレート工場」の公開を控え、オリジナルのDVDを借りてきた。
子供向けのメルヘンムービーと高をくくっていた。お菓子工場という見た目のファンタジーとは裏腹に、結構ブラックな笑いが多いね。招待された5人の子供たちが、自分勝手な行動を理由に、ひとりまたひとりと退場させられていく。チョコの川でおぼれたり、体が風船みたいに膨らんだり、相手を甘く見ていたガキどもには、なかなか厳しい仕打ちだ。

子供に夢の世界を見せるものと思っていたが、ウィリー・ウォンカ、かなりの食わせ者だ。最後まで手を緩めず、残ったチャーリーに最後の試練を与える。これも見事クリアしちゃうチャーリー、まさに子供の鑑だ。

悪い子には徹底的なお仕置き、いい子にはびっくりするようなご褒美。悪ガキに手こずってる親や教師には、溜飲が下がる思いだろう。それこそ授業で見せてやりたくなるかもしれない。

こう書くと、「子供はやんちゃなくらいがいい」とか、「ただのいい子は子供らしくない」とか言う意見が聞こえてきそうだ。でも、この映画の中のガキどもは、かなりデフォルメされてて、本当にかわいくない。溺れても膨らんでも、「命あるだけよかったと思え」と言いたくなるぐらい。

子供と一緒に親も呼んで、親の姿勢も批判している。あれ見てると、やっぱり原因は親なんだろうね。どの親も甘やかしすぎなんだもん。

ここ数年、すっかり見なくなってしまったジーン・ワイルダー。ここでの彼は本当に素晴らしい。工場からよろよろ出てきて、何かにつまいづいて転んだかと思ったら、でんぐり返しで「ようこそ」。なんてことない登場場面から、ハートをわしづかみだ。その後も全編、人を食った演技で、コメディアンの本領発揮だ。飄々とした彼の姿に、新作が観たいなーと思った。今、何してるんだろう。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[214]

この映画は原作者が英国人なので
本国ではとても人気でよくTVでも放映してます。
原作も英国の子供たちは必ず読んでいます
学校の教材にも使われているほどです。
英国の新聞には映画の公開にあわせて
当時の子役が今どうしているか特集してました。
ジーン・ワイルダーはすっかり年をとって
前ほど動けなくなってしまったみたいですね。
現在は半引退のような生活をしているようですが
新しい映画のプレミアには来たようですよ

[215]

>Weanaさん
やっぱり教材になってるんですね。
子供に道徳やマナー教えるのに、
もってこいの内容ですもんね。
ジーン・ワイルダー、どこか体悪いんでしょうかね。
もうすっかりおじいさんだと思いますが。
彼の現役時代の映画、もっと観なきゃ、と思いました。

[644]

私は子供はいないけれど、いつか子供ができたら一緒に見たいなと思いました。

[649] >ひめさん

オレも子供はいませんが、見せたい映画ですね。見せられるような立派な親になってることが条件ですが(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/349-b6674e5e

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】