スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォー・ルームス

タランティーノファンなのに、これはまだ観ていなかった。以前録画したビデオで鑑賞。
ティム・ロスって、エキセントリックな演技の印象が強い。でも、オレが思うベストは、「レザボア・ドッグス」のミスター・オレンジなのよね。ストレートに感情移入できる、真っ当なハンサムガイの方が、彼には合ってる。

だから、この映画のような、かなり変な演技の彼は、あまり好きじゃない。本人は、結構楽しく演じたんだろうけどね。

4つのエピソード中、一番面白かったのは、3話目。アントニオ・バンデラスとタムリン・トミタの夫婦が、子供二人を部屋に置いていくストーリーだ。子供たちに翻弄されるティム・ロスが笑える。ベッドの下から死体まで出てきて、なんちゅうホテルなんでしょ。

ジェニファー・ビールスも久しぶりに見たなあ。美しいです。でもこれ10年前の映画だから、もう彼女も40過ぎてる。「ニューオリンズ・トライアル」にも陪審員の役で出てたけど、あまり見せ場なく、印象は薄かったっけ。淋しいねー。

4話目はブルース・ウィリスがクレジットなしで出たりするんだけど、場面をかっさらうのは、やっぱりタラちゃん。ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ、延々とオタクな知識をひけらかし続ける。なんであんなに面白いんだろう。ああいうの、彼にしかできないもんね。観てて飽きません。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/340-9b49ce2d

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。