スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡国のイージス

福井晴敏との出会いがこれだった。3年くらい前だったかな。それはもう、のめりこんだもんよ。映画になったらすごいだろうとは思っていたけど、あの濃密な内容が2時間で収まるわけがない。期待はほどほどに、レイトで観てきた。
4人の大物男優の競演が話題のひとつみたいだけど、実際は真田広之の一人舞台だった。原作はうまくばらけてたんだけど、映画となると、やっぱり一人にしぼらないといかんみたい。これは正解だと思うけど、残りの3人が薄っぺらくなっちゃったのは、ちと寂しい。

逆に、原作ではどうしても解せなかった宮津とその一派の動機が、映画だとうまい具合にぼかされて、あんまり気にならない。キーワードだけ並べたら、なんとなく理解できるもんね。

見せ場の戦闘シーンは、思ったよりおとなしめ。「うらかぜ」をハープーンで撃沈するところは、レーダーから消えるだけじゃなくて、しっかりと見せてほしかった。だって、戦後初の自衛隊による攻撃なんだから。宮津が仲間を殺すという、重要な意味もある。予算が割けなかったのかもしれないが、ここはちゃんとド迫力で見せるべきだ。残念至極。

あとは、艦内での銃撃戦や肉弾戦が中心。それはそれでいいんだけど、もっと違う見せ場を期待してもいたのよ。原作にはもうなかったっけ?戦闘機イーグルが撃墜される場面もあったような・・・。これも予算の関係か。

確か原作では、GUSOHは存在しなかったはずだが、その辺ははっきり描かれてなかった。ていうか、それを示唆するような伏線もないから、映画版ではGUSOHは本当に存在したことになっていて、本当に危ないところだったわけだ。短い上映時間だから、削れるところは削る、という判断か。ちょっともったいないけど、まあ仕方ないか。

原作を細部まで映画化するのは到底無理だから、あちこち潔く切ったのは、おおむね正しかったと思う。なにより、原作の持つエッセンスやスピリッツは残されていて、それはちゃんと評価したい。原作を読み終わったときの満足感とまでは行かないが、それに近いものが、映画を観終わっても感じることができた。また、原作を読みたくなったよ。押入れから引っ張り出してこよっと。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[202]

はじめまして!
いきなりですが、TB沢山させていただいちゃいました!
今度、私のところにも遊びに来てください!!
「亡国のイージス」明日、地元の映画館で舞台挨拶付きで上映されるので見てきます。
よろしくお願いいたします!

[203]

>163さん
ようこそです。こちらこそよろしくです。
ただいま、旅行先からカキコしてます。
なので、TBも確認できたものだけお返ししてます。
もし、もれがあったら、来週確認しますので・・・
舞台挨拶って、一回観たいんですよねー。
うらやましいです。

[204]

原作を読んでないので、その濃密さがわからないのですが、映画化するってことはいろいろ犠牲になっちゃう部分があるんですね。時間が限られちゃうから仕方ないんだろうけど。ちょっと、残念ですね。

[205]

>naomi-0604さん
ぜひ原作読破されることをオススメします。
近年まれに見る傑作ですから。
上巻のラストあたりなんか、異常に燃えた記憶があります。
本読んでて燃えるなんて、そうそうあることじゃないです。
映画の出来には賛否両論あるんでしょうが、
オレはあれが最善だったのかなーと思ってます。
期待しすぎると、裏切られますよね。
こういうベストセラーの映画化は特に。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/337-4ac37af1

残念だった映画4 「亡国のイージス」

キャストは揃っているのですが、内容はがっかり。

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。