星になった少年

観ようかどうか迷ってた。あんまり興味なかったのよね。でも今週は他に何もないし、柳楽優弥くんも出てるしなんで、レイトで観てきました。
本題に入る前に、またまた迷惑野郎がいたので、その告発を。今回は60代と思われる夫婦で、特にオヤジの方。とにかく思ったことをすぐに口にする。変なところで笑う。そのたんびに気が散るのよ。なんなのかね、アレ。家でテレビ観てる気分なんだろうかね。だったら、家から出てくんな!「フォーガットン」のときもいい年したオヤジに邪魔されたけど、そんなに生きてるんならマナーぐらい覚えとけよ。

こんなバカのおかげで、今回も映画にのめりこめなかった。後ろの席からはすすり泣きが聞こえてたから、やはり感動作なのよね。残念至極。

タイトルからして、テツ少年が死ぬことは、思いきりバレてる。もうちょっと題名考えた方がいいじゃないかと思ったりもしたけど、まあ実話だし、いいんでしょうね。もっともこの映画の主題は、生き急いだ少年の、象に対する特別な愛情だ。少年の死じゃない。

象の演技が素晴らしくて、思わず見とれてしまう。まさに象使いの人々ががんばった結果だと思う。ご苦労さまでした。

そして、その象よりすごいのが、柳楽優弥くんだ。象に乗るだけで大変だろうに、後半は本物の象使いに見えました。ものすごく努力したんだろうね。若いのにえらい!演技はまだたどたどしいけど、彼には役者魂がある。これからも目が離せないね。おっと、その前に「誰も知らない」を観なくては。

残念ながら滂沱の涙を流すまでには行かなかったわけだが、それは映画のせいじゃない。ろくでなしのジジイのせいだ。短くても深い一生を生きた少年がいる一方で、60年も無駄にしてるバカもいる。アンタは、テツ少年の爪の垢でも煎じて飲みなさい。

<11/17追記>
「天才!志村動物園」に、動物と話せるジョイスという女性が出てきて、象のランディとお母さんとの橋渡しをしているのを観た。テツ少年の写真や声、使っていた調教棒に鼻や身をすりよせる姿に、スタジオは号泣の嵐。オレも少しウルっときちゃいました。13年たっても覚えてるんだね。彼らの深いつながりは、想像を遥かに超えてます。すごいね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[194]

映画のときにぺらぺらしゃべる人は許せませんね!本当に残念でした。私は以前見に行った作品で最初から最後までずっと寝てる人がいて気になりました。
私より少し前の列だったけど、小さいところだったので皆さん気になったと思います。特にお隣の人、
お友達でもなかったようですが気の毒で・・
いびきかいてるときもあったので。
と横道にそれちゃいましたがトラバさせてくださいね。

[195]

>ぶんちょうさん
記事では極悪人のように書きましたが、
実際は、注意するまでは行かないくらいの小声です。
大声だとね、殺意を抱くんですけどね(笑)
でも、その微妙なしゃべりが、また神経に障るんですわ。
あれは参った。
いびきもたまりませんね。寝息も気になるかも。
静かに寝るんならいいんですが。
その人、1800円払って、
映画館に寝に来たんでしょうか?(笑)

[196]

記事の内容はほとんど変わってないのですが、ブログサーバーを変更したので改めてTBさせて頂きます。
今後もよろしくおねがいします。

[197] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/328-65adb4cf

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】