スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナライズ・ユー

今日はデ・ニーロの日。「真実の瞬間」に続いて、これが2本目だ。
前作は「ゴッドファーザー」をパロってたけど、今回は「ウエストサイド物語」。冒頭からデ・ニーロが歌うわ踊るわ、笑わせてくれる。でも、「あのデ・ニーロが!?」的インパクトは、前作で味わい済みだから、大爆笑とまでは行かない。

これは、全編を通じて言えることかもしれない。前作を超える傑作を!という意気込みはあまり感じられない。大ヒットした前作と同じ路線で作ってみたので、気楽にどうぞ楽しんでください、という感じ。まあ、その意図どおりにそこそこ楽しんだから、特に文句もないけどね。

デ・ニーロのコミカル演技もいいんだけど、やっぱり彼は大物を堂々と演じてる方がしっくりくる。金塊強奪が成功して、「少しでいいから勝利を噛み締めさせろ」と、ひとり感慨にふけるヴィッティ。カッコいいわなあ。

笑いのお株をすっかり持っていかれたビリー・クリスタル。でも、レストランでのTVプロデューサーとの食事場面は、彼の独壇場だった。もう、すがすがしいほどの暴走ぶり(笑)。馬鹿笑いしながら食べ物を撒き散らして、好き勝手言い放題やり放題。あれでこそ、クリスタルだ。

固い友情に結ばれた二人が、これまたミュージカルで別れる、気持ちのいいラスト。エンドクレジットでのNG集も楽しい。何も考えずにリラックスして観るには、もってこいの作品だろう。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/327-beba6bab

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。