スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァージン・スーサイズ

先日観た「ロスト・イン・トランスレーション」があまりに良かったんで、ソフィア監督のデビュー作を借りてきた。
うーん、期待しすぎたせいか、イマイチだったかな。あまり感銘は受けなかった。

末娘が自殺しちゃうのは、なんか理由があったんでしょう。彼女によれば、13歳の女の子じゃない人は理解できないそうだから、理解してるふりはしません。でも、あとの3人は?

初めて夜の外出を許可されたパーティ。三女のラックスは、トリップと抜け駆けして、オープンなグランドでのオープンなセックス。でもトリップはとっとと帰っちゃって、気づくとたった一人の朝。とぼとぼ家に帰ったら、当然両親に怒られる。全員外出禁止。そして、やり方はそれぞれ違えど、3人一緒に自殺。

これって、自然な流れなの?「移ろいやすい」の一言で表現されるものなの?そりゃ若い姉妹が命を絶てば、それなりに切ない気持ちにはなるよ。でもねえ・・・。

あともう少し、4人がかわいかったら、もっと切なくなったかも。特に上2人は・・・でした。

それから、あの男子4人組は一体なんなのかね。姉妹と海外旅行する夢を見たりして、ちょっとおかしな妄想ばっか。あれは変だ。まだHな想像してる方が正常だよ。男にも共感できないんじゃあね。この映画、オレのような人間は、完全に蚊帳の外みたい。

脇のキャストはとっても豪華。ジェームズ・ウッズにキャスリン・ターナー(すっかりおばさんでビックリ!)、ダニー・デヴィートにスコット・グレンと、渋い俳優そろえてる。そして、ジョッシュ・ハートネットのなれの果てを演じたのが、あのマイケル・パレ!いやー、参ったね。80年代に一瞬だけ盛り上がったパレ人気を覚えてる者としては、再会できたことがうれしいやら、すっかり変わり果てた姿に哀しいやらで、複雑な思いでした。ホントはパレじゃなくて、ペルエと読むらしいが(豆知識)。

メイキング観ると、パパコッポラがよく現場に顔出してたみたい。娘が心配なんだろうね。娘もかなり頼りにしてたみたいだ。さすがゴッドファーザー・ファミリー、家族の絆は深いな。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/324-6106d19c

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。