スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォロウィング

クリストファー・ノーラン監督のデビュー作。「バットマン ビギンズ」つながりということで、DVD借りてきた。
無名の新人がこんな映画作ったら、そりゃ世の中注目するわ。脚本、演出、演技、すべてがパーフェクトと言ってもいいくらいの出来だから。

時間の流れをバラバラにして再構築する手法は、いまや珍しくはなくなったけど、それでも斬新な印象を受ける。ただ単に切り貼りしただけと思ってる人もいるかもしれないが、実際はそう簡単じゃない。どこにどの場面を持ってくるのが最適か、タネ明かしはどこでやったら最もインパクトがあるか、緻密な計算が必要になる。この映画は、それを見事やってのけている。観客は、次に何が起こるのか、一体何が起こっていたのかを知りたくて、目を離せなくなってしまう。コッブと女がグルだとわかった時は、ショックだったもんね。

画面をモノクロにした、フィルム・ノワール風の演出も、ストーリーに合っていて、引き込まれた。一見ドキュメンタリー仕立て、過剰な心理描写やセリフは一切ない。観客は、登場人物の行動を追いかけるだけ。でも、この方が感情移入しやすいのよ。それしか選択しえない行動だから。そして、その裏に仕掛けられた罠が一気に明らかにされるクライマックスに、「うわ、やられた!」となるのだ。

これまた無名の俳優たちも、無名ゆえにリアリティを感じる。どんどんドツボにはまっていくビルもよかったけど、オレはコッブのピカレスクぶりに舌を巻いた。いつも頭脳明晰、冷静沈着。頼りがいはあるけど、本当のところは、悪事しか考えていない真のワル。この映画は、コッブがキーだ。ヤツが雑踏の中に消えるラストは、ため息しか出ない。余韻たっぷり。索漠とした思いに浸れます。

この手法が「メメント」につながるのだが、ノーラン監督の力量は本物だ。デビュー作のみならず、その後の作品で着実にスケールを拡大させている。将来もっと大物になるのは間違いない。同時代の人間として、しっかり応援させてもらいます。アンタはエライ!

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/310-f5fe8afd

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。