スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリ

ジャン・ピエール・ジュネは「エイリアン4」しか観てないのだが、その彼が、小技を全編にちりばめながら描く恋愛もの、という印象を予告編を観て思っていた。世間の評判もいいし、期待して観た。
いろんなエピソードを重ねて、物語をつむぐ手法、好きなんだなぁ。だからこの映画は、私の好きなタイプ。愛すべき小品なのである。

最初の最初、ハエ(ハチだっけ?)が左後ろから飛んできて(音に思わず振り返ってしまった。5.1サラウンドにしておいて良かった!)、道路で休んだ瞬間に車にプチっと轢かれるところから、この映画には引き込まれた。こんなお遊びが、この映画にはいっぱいつまっている。

普通の人とはちょいと違うアメリが、次々と巻き起こす珍騒動。このアメリがとても魅力的なのだ。決して受身じゃない、積極的に行動するアメリ。アメリのおかげで幸せになったり、人生に前向きになったりする周りの人々。余計なお世話というのもあるのだが、大体は一緒にワクワクしてしまう。そんなアメリの小さな冒険の数々。幸せになるのは登場人物だけじゃないのだ。

「今この瞬間に絶頂を迎えた人・・・10人」とか、恋の鞘当てをずらして、お客と売店の女をくっつけたら、トイレで激しい一戦があったりとか、ちょっとHなシーンがあるのもいい。この映画は子供向けじゃない。あれが笑えるのは、ジュネのお遊びに参加できるのは、大人の特権なのだ。

唯一納得いかんのが、アメリが好きになる男。駅のインスタント写真ボックスの下をのぞいて、失敗写真を集めている。ふだんは大人のおもちゃ屋で働いているこの男に、アメリはなぜ惹かれたんだろう。わからん。アメリは普通じゃないから、普通な男に惚れても違和感あるんだろうけど・・・。あの男とのハッピーエンドは、どうなんかしら?ま、アメリが良ければいいんだけどね。

何回も観れば気にならなくなるかも。DVDが安くなったら、絶対ほしい作品だ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/30-d81b3686

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。