炎のメモリアル

いかにも「感動させます」な予告編やキャッチコピーに、ちょっと不安を感じながらも、迫力の火災シーンを観たくて、レイトで観てきた。
ホアキン・フェニックスって、顔が好きじゃなかったんだけど、最近はあまり気にならなくなってきた。まっすぐな主役も演じられる、いい役者になってきたと思う。本作でも、観客が感情移入しやすい、正義感あふれる熱血漢を堂々演じている。

火災シーンは期待どおりだった。どれくらいCG使ってるんだろう。観てる間は、全然気にならなかったほど、自然な迫力に圧倒された。しかも、出動の数も多い。消防隊員の活躍ぶりをたっぷりと堪能させてもらいました。これだけやってくれれば満足、言うことなし。

名もなきヒーローの戦いだけじゃなく、その人間性もじっくり描かれている。美人の奥さん、父親を尊敬している子供たち。彼らにとって、ジャックは最高の英雄だ。あの家族なら、反抗期も家庭内暴力もありえない。父親に誇りを持てるってすばらしい。現実には少ないと思われるだけに、余計にそう思う。

仲間を犠牲にしないために死を選ぶジャック。アメリカ人って、ハッピーエンド大好きだから、助かるんだろうと思ってた。だから、あのラストはちょっとびっくり。でも、9・11事件を経験したあとでは、「危なかったけど助かってよかった」みたいな、安易な結末にはできないんだろうね。トラヴォルタの弔辞は、なかなか感動的でした。

ただ、ケチのつけようのないストーリーなので、物足りなさを感じたのも正直なところ。直球勝負は悪いことじゃないんだけど、観終わって心に深く突き刺さるものがないのよね。お利口さんが作ったという感じがする。オレがひねくれてるんだね、きっと。

でもやっぱり、こういう映画は大きなスクリーンで観るべき。個人的には「バックドラフト」の数倍よかったです。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/287-a80f5029

激しい炎の裏側・・・「炎のメモリアル」

ハッキリいうと何てことのない映画なのですが、構成がいいです。

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】