イン・ザ・カット

メグ・ライアンが、せっかく大胆なイメチェンを図ったのに、あんまりいい評判を聞かないこの映画。でも、メグががんばったんだったら、とりあえず観ておかないとね。DVD借りてきた。
うーん、彼女の意欲は買うんだけど、魅力は感じなかったなあ。あのメグが脱いでるのに、どうしてそそられないんだろう。すっぴんだからかな。女性の監督が撮ってるからかな。いずれにしても、エロくも明るくもない。ああいう暗さに隠微な快感をおぼえる人もいるのかもしれないけど、ちょっと趣味じゃなかったね。

女の性について、当の女が書いて演じて撮ってだから、きっと女性の方が「ああ、わかるわかる」なのかもね。それは男からすると、あまり見たくないものにもなりうる。ある意味貴重な映画なんでしょう。

でも、やっぱり評価は難しいね。猟奇的連続殺人事件をめぐる本格的ミステリーなのに、サスペンス度はまったく盛り上がらない。ただミステリーなだけじゃなく、事件を担当する刑事といい関係になって、しかもその刑事が犯人かもしれないなんて、ちょいと詰め込みすぎ。さらには女の性やらスラングやらまで語っちゃうんだから、欲張りです。うまく交通整理されてるとはいえない。

小説ならどれだけ書き込みしても、読者はついてくるんだろうけどね。原作者がシナリオ書くのは、どうかと思うよ。仕事としては全然別物なんだから。

DVD特典でメグのインタビューを観た。バッチリメイクで10歳は若返ってた。本当にかわいい!こっちのメグの方がいいよ。たとえ嘘でもいい。オレは夢を見続けたいと思った。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[86]

はじめまして。
私もこの映画のメグ・ライアンより、いつもの明るく可愛い彼女が好きです。
私は女ですが、この映画で描かれている「女の性」にはまるで共感できませんでした。
メグに意地悪するために脚本書き直されたんじゃないかとうがった見方をしてしまうほど、この映画のホンは???でしたから。
メグは脱がなくていいんです。
彼女はそういう路線の女優ではないと改めて思いました。
TBさせていただきました。

[87]

>una nocheさん
この映画、女性に共感されなきゃ困るんですけど(笑)。
テーマが映画向きじゃなかったのか、
脚本がダメダメだったのか、
メグがミスキャストだったのか、
それとも、その全部か・・・全部だな、きっと(笑)。
メグの挑戦はわかるんですが、
暗くても共感できる役柄を選んでほしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/277-a3f9b7dc

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】