スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキサス・チェーンソー

「悪魔のいけにえ」は、数年前にビデオで鑑賞。世界最恐のホラーだと思った。リメイクがあの名作を超えられるわけがない。よって、さほど期待せずに観ることにした。
まあ、思った通りだったね。あらためて、孤高の傑作のすごさを認識させられた次第。レザーフェイスにチェーンソーで追いかけられる恐怖感も、やっとのことで悪魔ファミリーから逃れられたあとの安堵感も、オリジナルにはかなわない。

オリジナルは低予算だったのが、逆に良かったのかなあ。画にしても音にしても、ざらついたあの粗い感じが、いい効果を出してた。今回は、それなりの予算がついてるせいか、なんかスマートなのよ。ちゃんとしちゃってるのが、逆に物足りないのよね。

もっともがっかりしたのは、オリジナルの名場面のひとつ、晩餐のシーンが、全部カットされてたこと。あの場面は、観ていて本当に気が狂いそうになった。あれを再現しないのはなぜ?理解不能です。もったいないよ。

でも、単品の映画として観れば、十分合格点なんでしょう。怖さのレベルは、その辺の凡百のホラーの比ではない。やっぱ、釣り鉤に刺されて宙吊りにされたり、顔面はがされたりしたら、痛そうだもんね。

ジェシカ・ビールのキャラクターは微妙。一番まともな感性の持ち主なんだけど、そのせいで彼氏やら友達やらはみんな殺されちゃう。彼女の良心が仇になっちゃうのだ。「アンタの言うことは、普通なら正しいんだけど、今回に限っては違うよ!命取りだよ!」と叫びながら観てた。

最後は彼女だけ生き残り、奪われた赤ちゃんを助け出し、悪い父ちゃんをひき殺す。なかなか強い女に変貌を遂げる。まさに今の時代にあったラストだ。でも、これもオリジナルの方がよかったね。人はそんなに強くないもの。観てる方まで一緒になって、身も心もすりきれて、ヘロヘロヘロンになったもの。実話として信じがたいのに、ものすごいリアル感があった。比べると本作は「映画」になってしまっていた。そこが物足りないね。

レザーフェイスがそれほど「活躍」しなかった印象があるのは、あの父ちゃんの方がインパクトあったからかも。「フルメタル・ジャケット」の鬼教官が強烈だったR・リー・アーメイが、あれに勝るとも劣らない怪演を見せる。ああいう役やらせたら、まさに世界一!この映画を観る価値は、あのオヤジにあると言っても、華厳の滝ではない!(笑)

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[82]

はじめまして、ケンです「テキサス・チェーンソー」の続編が出ると言う噂があるんですけど、本当にでるんですかね。

[83]

>ケンさん
はじめましてです。
続編、作るみたいですね。
流行りのエピソード1的ストーリーらしいですが。
マイケル・ベイ、自分が監督すると必ず酷評されるから、名作ホラーのリメイクという金脈で稼ぐ腹ですね。
うーん、やらしい男(笑)。

[84]

マイケル・ベイの映画製作会社プラチナム・デューンが、『悪魔のいけにえ』をリメイクして大ヒットした『テキサス・チェーンソー』。その前日譚にあたる続編をシェルドン・ターナーの脚本のもと製作することが決まった。物語の詳細は明らかにされていないが、軍人の兄弟が殺人鬼レザーフェイスに出会うストーリー展開だそうで、『テキサス・チェーンソー』と同様に想像を絶する恐怖が描かれる予定だ。

[85]

>レオンさん
情報ありがとうございます。
面白そうにはあんまり思えないのは、オレだけですかね?(笑)
オレとしては、オリジナルだけで十分なんで・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/276-a5f2a1ba

テキサス・チェーンソーって怖いの?

ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。ホラー映画の名作「悪魔のいけにえ」のリメイク「テキサス・チェーンソー」見ました。 DMMでレンタルする あらすじ:1973年、8月18日。テキサスを走る1台のワゴン車。エリンを始め5人の若者が楽しい旅を続けていた。途

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。