スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テッセラクト

パン兄弟の兄貴、オキサイドが単独で撮った作品。内容は聞いてなかったけど、彼の映画なら期待してもいい。DVD借りてきた。
「テッセラクト」とは「四次元立方体」のこと・・・って、説明されてもようわからん(笑)。でも、2次元が3次元の展開図なら、3次元は4次元の展開図である、という意味は、映画を観てなんとなくわかった。時間の軸という4番目の要素を、3次元の世界に展開してみたのよね。

この世界で生きてる限りは、過ぎていく時間を、一つの見方でしか経験することはできない。でも、人の数だけ時間の過ごし方はあるのよね。同じ時間を、登場人物の視点ごとに切り取って見せる構成は、面白いと思った。原作もこんな感じなのかな。

ただ、ストーリー自体は特に目新しいところはない。怖いやつらから預かったヤクを、子供に盗まれて、それを追っかけていったら、みんな死んじゃった。こんな話、普通に撮ってたら退屈きわまりないだろう。強いメッセージもないし。あるとすれば、「盗みはダメよ」ぐらいなもんか。

国際的なキャストの中で、一番印象的だったのは、子役のアレクサンダー・レンデル。女性から圧倒的な支持を受けそうな、愛くるしい顔立ち。あれだけ整ってると、男としては逆にかわいくないと思ってしまう。役のせいもあるだろうが、なんか腹立たしい。それだけ注目株ということだ。これからの活躍も気になるガキンチョだね。

パンらしいショットは健在で、期待に応えてくれた。スローモーションやCGを多用した、スタイリッシュな映像。説明を極力排して、絵や動きでつむぐストーリー展開。観ていて、すっごく心地いいのよね。話がありきたりなのが玉にキズだけど、今回もパン節、堪能しました。次も期待してるぜ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/275-571ad946

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。