スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルミド SILMIDO

近所のシネコンは、「ブラザーフッド」はかけてくれたけど、本作はスルー。四天王のひとりぐらい出てないと、弱いと判断されちゃうのかな。今頃DVDで観ました。
死刑囚に条件を出して、命がけの特殊任務に従事させるなんて、映画の中だけの話かと思ってた。「ニキータ」とか、「特攻大作戦」とかね。それを実際にやっちゃうんだから、韓国の国家権力もすごいね。仲良くしといた方がいいと思うよ。

初めは箸にも棒にもなクズ集団が、特訓に次ぐ特訓で、軍隊一の精鋭へと変貌を遂げる。とても死刑を宣告されるような極悪人たちには見えない。彼らがそこまで変わったのは、それまでの人生の中で見つけられなかったものを、初めて手に入れることができたから。生きがい、目標、夢、命をかけるに値するもの。それは、今までの人生を黒く塗りつぶしてきた、怒りや悲しみ、絶望と比べて、ものすごく光り輝いて見えたんだろうね。

だから、国の政策ががらっと変わってしまい、光を奪われてしまったことで、誰も抑えることのできない、ヤバい獣たちの集団になってしまった。危ない連中だから殺しちゃえ。どうせ一度は死んだ奴らだ。・・・韓国ってすごいね。逆らわない方がいいと思うよ。

自分たちの存在を証明しようと、バスジャックしてソウルへ向かう。民間人を人質に取って。でも、お国はそんなことお構いなし。全員射殺してでも、闇に葬り去る命令が出る。なかったことにしちゃえ!・・・韓国って、かなりやばくね?

実話の重みに圧倒されまくりだったけど、カタルシスを感じる場面が少なく、不満とモヤモヤがたまりにたまって、後味は決してよくない。すごい映画です。でも疲れました。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/272-e117d50a

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。