スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣戦布告

麻生幾の原作は、前々から読みたいと思ってたけど、未読。その前に、映画を観た。
センセーショナルな内容なのに、公開時は思ったほど話題にならなかったような記憶がある。これは、映画としてイマイチか、内容に問題があるかのどっちかだろうと思っていた。期待は大きくなかった。しかし・・・これって、すんごい映画じゃない!!!

自衛隊がなすすべなく倒れていく姿を見ると、日本人なら憤りを覚えて当然だ。きわめて政治的な感じもして、絵をそのまま鵜呑みにしないよう、常に気をつけながら鑑賞したつもり。それでも、最後にはこの映画を受け入れざるを得なかった。それは、夏八木勲のセリフのせいだ。

「われわれは、国とは何かということを考えるのが苦手な民族なんだ・・・」

日本人は、敗戦国としての劣等感を抱えながら、戦争を放棄することにより、漠然とした「平和」を期待している。世界の現実を見つめれば、この国はかなりな矛盾を内包しているのに、目を向けるのが怖い。このまま変わらずにいれば、平和はずっと続くんじゃないの?今までそうだったんだから・・・。

この映画を観ると、それは幻想でしかないことがわかる。隣のお国は、常識も理屈も、甘い期待も通じない。頭ではなんとなくわかってるんだけど、たぶん、本当にことが起こらない限り、事態は深刻であることは、骨身に沁みないんだろうね。これは、自分も含めてだ。

核をカードに世界と危険なゲームを続ける独裁国家が、日本を射程距離内とする現在、自分の国を自分で守れない国家って、マジやばいんじゃないだろうか。だってこの映画じゃ、戦場は国内だよ。なのに、撃たれて死者が大量に出ても、制圧するための攻撃は、いちいちお伺いを立てなきゃいけないんだから。これが、「平和のための犠牲」ってやつなの?

そんな事態になったら、同盟国が守ってくれる手はずになってるんだろうけど、実際にそうなったら、本当に大丈夫なの?不安はぬぐえない。しかも、その時には、すでに大量の犠牲が出てるかも知れないんだからね。

正直、今まで憲法改正には懐疑的でした。でも、起こりうる可能性の強いものを想定して、議論を重ねることは必要だと思った。この映画観て。

なんか、かなり政治的な文章になってしまったけど、本作は映画としても完成度が高い。緊張感をまったく途切れさせない脚本、ドキュメンタリータッチの堅実な演出、空撮を多用したスケールの大きい撮影、少しの無駄もない編集、緊迫感を盛り上げる音楽と、寸分の隙もないと言ってもいい。

古谷一行の首相は、最初どうかなあと思った。でも、苦悩に苦悩を重ね、重大な決断をし、最後は責任を取る姿は見事だった。「われわれは1億2000万の国民を守らなければならないんだ!」。政治家こうあるべし、と思った。

夏八木勲と杉本哲太もよかった。首相以外で、唯一、日本国家のことを真剣に考えている、バランスの取れた男たちだった。そのほか、佐藤慶、夏木マリ、石田太郎、財津一郎の演技も印象に残った。地味めなキャストだけど、逆に映画のリアル感を高めていた。

原作の書き込みはもっとすごいんだろう。読む前に観てよかった。原作には、いずれチャレンジすることにしよう。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/269-2b8230f8

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。