スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は告白する

ヒッチコックの作品は全部観たいと思ってるけど、しばらくごぶさただった。以前録画してあったビデオを観た。
犯人のケリーって、ホントに悪いやつだね。移民という弱い立場を差し引いても、恩を仇で返すことに何の呵責も感じないクズ野郎には、まったく同情の余地なし。映画を観ていて、ホントに腹の立つ犯人って、なかなかいないものよ。ヤツは最低でした。

そんな犯人にいいように利用されて、殺人の濡れ衣を着せられるモンゴメリー・クリフト神父。告白の守秘義務に縛られて、身の潔白を証明できない。しかし、それも神の与えたもうた試練と思ったのか、自ら逮捕され裁判を受ける。

いきなり裁判に場面が進んだのでびっくりした。たいていの映画なら、有罪か無罪か、大体想像つくんだけど、この映画ばっかりはわからなかった。無罪にはなってほしかったけど、裁判中に犯人がボロを出したりするなら、つまらんと思っていた。神父の関係ないところで白黒つくなら、意味がないから。

全然違ったね。疑わしきは罰せずで、無罪にはなる。でも、判事は遺憾のコメントをつけるし、世論は完全に敵にまわってしまう。これは有罪なみに辛いだろう。モンゴメリー・クリフトの、苦難をじっと耐える演技がすばらしくて、観ていて一緒に受難してました。

真犯人だとバレて逃げまわり、撃たれて死ぬ寸前に、自分勝手に許しを請うケリー。そんな地獄行き確定のクズ野郎にも、十字を切ってあげる神父。彼こそまさに聖職者だ。仕事に対する姿勢や生き様を見せてくれた。ただのサスペンスかと思ってたのに、感動してしまった。名作だね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/261-ffe78a13

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。