スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人の追憶

とても話題になった作品だけど、こういうの地元のシネコンではかけてくれない。DVD借りてきた。
実際に起きた事件を元にしているだけあって、普通のサスペンスではない。まさに、リアル・サスペンス。

普通の映画なら、残忍な犯行を繰り返す犯人の恐怖が中心になるところ。しかし、この映画は違う。なかなか捜査が進展せず、刑事の心の中でふくれあがっていくあせり、いらだちが、観客にも伝染し、一緒に体験させられる。もどかしい。やりきれない。このなんとも説明しがたい思いを、どこにぶつけたらいいのか。

正反対の捜査方法で、ことあるごとに衝突する二人の刑事。田舎発強引派ソン・ガンホも、ソウル発常識派キム・サンギョンも、どちらもうまい。しかも、この関係が後半逆転していく展開にもうなった。

本星とにらんだ男を追い込みきれず、釈放ののち見失い、その間にまた殺人が起こる。しかも被害者は、この捜査の中で知り合った女学生。キムの心中が穏やかでいられる訳がない。ソンに制止されなかったら、あの能面男を本当に射殺してしまっていただろう。

決定的な証人になると思われた男は、刑事たちの必死の思いもむなしく、列車にはねられて死んでしまう。真犯人と思われた男は、真相とともに暗いトンネルの奥へ消えていく。刑事を辞したソンが、ひさしぶりに現場を訪ねると、どうやら数日前に犯人も立ち寄ったらしいことがわかる。クライマックスからラストまで、これでもかというくらい、やるせない場面の連続。最近の映画では、飛びぬけた後味の悪さだ。観たあと引きずりまくり。

オレと同い年の監督、ポン・ジュノ。この年で、こんな骨太なドラマを作ってしまうのか。驚嘆と同時に悔しいものを感じる。これからの作品も期待させてもらおう。韓国ってすごいなあ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/238-a39bf6ab

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。