阿修羅城の瞳

今日公開の「コンスタンティン」とどっちを先に観ようか迷った。なぜかこちらの方が面白いような気がして、初日レイトで鑑賞。
いやあ、江戸ってあんなに鬼がいたの?そこらじゅう鬼だらけじゃん。これは、鬼御門がいないと大変だわ。でも、なんか庶民からは敬遠されてる。なんで感謝されないの?なんか危ない感じだから?

そんな鬼御門・出門を演じる市川染五郎。歌舞伎役者らしく、いちいちキメ台詞を決めてくる。これがなかなか様になってて、かっこいい。まさしく千両役者。

ライバルの渡部篤郎も、彼らしいオーバーアクトで楽しませてくれる。役柄は咬ませ犬でも、迫力では時に主役を食っている。さすがだ。

宮沢りえは、笑った顔はかわいいんだけど、悲壮な表情はあんまりキレイに見えない。今や日本を代表する女優に、こんなこと言うのはなんだが、出門が恋する理由がわからん。タイプだと言われてしまえばそれまでだが。

もっと言えば、椿はなんで出門を好きになったのか。助けてくれたから?味方だと思ったから?その程度しか描かれてないから、一番大事なところに感情移入できないまま、ストーリーが進んでいってしまった。二人が愛し合えば愛し合うほど、悲劇が待っているのだから、そこへの持って行き方をうまく見せてほしかった。

登場人物の心情を、全部台詞で説明してしまうのは、舞台が元になってるせいか。これは映画なんだから、映像で表現してほしい。全編とにかく説明過多。観客はただショーを見せつけられるだけ。観客に想像力を使わせなければ、共感は生まれてこないものだ。

ラストのスティングも、雰囲気に合っているとは言いがたい。ホント、残念なとこだらけ。スケールは大きいし、いいところもあるのにね。もったいない。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/235-ef41af5d

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】