スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリカテッセン

「ロング・エンゲージメント」の公開を控え、ジュネの大出世作を観た。
ところが、15年前くらいにレンタルビデオをダビングしたもので、画質最悪。全体的に赤味がかってて、ときどき何が映ってるかわからなくなる。こんな状態で作品の評価をするのは、ジュネに悪い。

でもしちゃえ(笑)。

独特の世界観にジュネらしさを感じる。人肉食らいの猟奇的なストーリーなのに、凄惨さや残酷さは全然感じない。途中からベジタリアンの地底人が本格的に絡んできて、クライマックスは予想もつかない展開。面白いといえば面白い。でも・・・。

公開当時にでも観たなら、その才能の出現に興奮したのかもしれない。でも、もう旬じゃないのね。ジュネのその後の作品が、それなりに成熟してるものだから、今これを観ても、若き日の実験的作品にしか見えないのよ。

いつ観ても感動する名作がある一方、その時を逃しちゃいけない映画もあるのね。勉強になりました。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/205-4d8bf28f

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。