スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレクター

この前に観た「ホテル・ニューハンプシャー」の次に録画してあった。勢いで連続鑑賞。
才色兼備な女性を自分の周りにはべらせ、自分のためだけに存在させたがる犯人。しかし、キックボクシングで鍛えてるアシュリー・ジャドを拉致監禁したのが運の尽き。麻痺させる注射を打ってたにも関わらず、反撃されて逃げられる。

ものすごく猟奇的で知能的な割には、間抜けな犯人に見えます。しかも、その素顔は・・・うーん、確かに意外かもしれないけど、単に意外というだけ。「ふーん」で終わってしまった。

モーガン・フリーマンの刑事役にも新鮮味はない。姪を救いたい割には、何度も犯人取り逃がしちゃうし、結局真犯人分かるのラストぎりぎりだし、頼れるようでそうでもない。あ、これは意外かも。

気軽に観て退屈はしなかったので、嫌いではありません。心に残る作品ではないというだけ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/200-350c8abc

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。