THE JUON 呪怨

この映画を一言で言うと・・・怖い。
・・・なんて当たり前な感想書くと、バカかと思われるね。でも、それしか言いようがないのよ。それ以外に何かあるかというと、何もないし。ただとにかく、怖い。

観客を怖がらせることだけを目的にしてるから、その点では大成功してる。ハリウッドの生ぬるいホラーなんか、足元にも及ばない。1億ドル突破のヒットもうなずける。カップルや友達同士で観るにはいいのかもね。観終わった後、ああだこうだ言って楽しめるんだろうし。

でも、強烈な地縛霊が、家に入った人を見境なく殺していくストーリーには、これっぽっちも共感する要素がない。ただ怖がらせるために必要な設定、というだけだ。これは映画というより、お化け屋敷と言った方が正しい。

だから、「映画としては・・・」という視点で、かなり低い評価をしようと思ってたけど、やめとこう。それは意味がない。お化け屋敷の入場料としてお金を払ったんだから。

元祖「呪怨(劇場版)」と比べると、メインキャストが外人になっただけで、あとはコピーのようなリメイク。ただ、元祖はラストが訳わかんなくて、狐につつまれて劇場を出たけど、本作はそれがなくてスッキリ。アメリカで勝負しようと思ったら、わかりやすくしとかないとね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/196-054c3b41

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】