スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーン・スプレマシー

前作はDVDで観た。
前作のオレの評価は、あまり高くない。途中それなりに良かったのに、ラストが甘いのだ。女と一緒になるハッピーエンドなんて、いかにもハリウッド的じゃん。テンション下がるよ。

その時は作られると思ってなかった続編。観てみて、前作のラストは、ああするしかなかったことがわかった。初めから続編を考えてたのね。だったらそう言ってよ、もう(笑)。

んでもって、前作の準主役だったフランカ・ポテンテは、開巻早々に退場。下種野郎を演らせたら天下一のブライアン・コックスも、その本性を現して壮絶に散る。なかなか気合の入った続編じゃないのよ。視点を変えれば「前作は単なる序章だった」ということなのか。1作目の重要人物を死なせてでも、ストーリーを重視する姿勢、オレは評価します。

新規参入組のキャストもなかなか強烈。カール・アーバンって殺し屋ぴったりね。あいつに温かい血は絶対に通ってないぞ! 切れ者ながらボーンに手玉に取られるCIAに、ジョアン・アレンを持ってきて、こちらも存在感たっぷり。まさしく豪華キャスト。

ボーンの情報収集術をきっちり見せる脚本もすごいが、何と言ってもクライマックスのアクション、これが圧巻だ。モスクワのど真ん中でのカーチェイスという、貴重な絵を見せてもらっただけでも感動もん(ロケはドイツだったみたいだけど)。その上、あの激しさだよ。席から身を乗り出して観てました。

最初の任務で殺めてしまった夫婦の娘に謝罪し、パメラに本名を教えられたボーン。ラドラムの原作は3部作。次はいよいよ「ボーン・アルティメイタム」で大円団か。こりゃ期待しないわけにはいかんね。2007年が今から楽しみ!

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/193-34630cf3

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。