スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔人ドラキュラ(スペイン語版)

モンスターレガシーコレクターズBOX」の中の1本。
先日「魔人ドラキュラ」を観たけど、別に、言語の選択でスペイン語を選んだわけじゃありません。解説によれば、無声映画からトーキーに移ったばかりで、ちゃんとアフレコやれる技術がなかったみたい。だからって、スペイン人の役者そろえて、同じ映画を、昼と夜で分けて撮っちゃうんだから、やることすごいわ。

脚本とセットが同じなのに、お国が違うとこうも違うもんか。ラテンの血は隠しきれないものらしい。本家よりも表情が豊かで感情的だし、展開がわかりやすい。本家よりもゴシックな雰囲気が減って、B級色にあふれている。こっちの方が面白いという向きも多いらしい。衣装もセクシーだしね。

ただ、眼光鋭いベラ・ルゴシと比べて、こっちのドラキュラは、どうにも顔がオヤジくさい。オヤジくさいドラキュラって、どうよ? この見劣りがすごすぎて、こっちに軍配を上げる気になれない。

本家より30分長いのも、ちょっとだれた。長い分、わかりやすくなってるんだけどね。やはり、珍品の評価は免れない運命にあるんでしょう。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/182-2197d526

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。