スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネバーランド

今年の賞レースで、すでに一歩リードしている本作。予告編観ても、そんなに魅力を感じなかったので、「実際のところ、どうなんかな」と思いつつ鑑賞。
実際のところ、圧倒的な感動とまでは行かず、「こんなもんかなー」という感じ。頭痛のために直前に飲んだ○ファリンのせいで、頭が少しポワンとしてたせいもあるかもしれない。

ジョニー・デップは、奥さんとはダメダメだけど、未亡人と4人のキッズには優しい、いい人を自然に演じている。もう一人の主役、ピーターを演じた子も、複雑な役柄をうまーく表現していた。あの子はなかなかだよ。終始クールなジュリー・クリスティも、貫禄の演技だ。拍手を求められて、子供よりも先にパチパチしてるの、ジンときちゃった。

大きな感動はない代わりに、ところどころジンワリする場面があって、まさに、愛すべき小品。でも、ちょっと自分のセンスじゃないかな。世間の高評価は、あんまり理解できないかも。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/178-1f209ed4

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。