スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウルの動く城

何を隠そう、宮崎監督の映画を劇場で観るのは初めて。一応、大体は観てるけど、ビデオやDVDばっかり。どの作品も好きだし、なんで今まで・・・自分でも謎。まあ今回も、公開からずいぶんたってるわけだけど・・・。
「難しい映画」と言われてたけど、確かに難しいね。おばあちゃんにされてしまったソフィーが、呪いが解けたわけでもないのに、ときどき若返る。後半はほとんど若返ったまま。ラストは完全に元通り。

「ハウルのことを一生懸命に考えてる時だけ若返るのかな?」という推測をたてて観てたけど、確信はないし、途中からどうでもよくなったりで、結局うやむや。はっきりさせないのは、監督の作戦なんだろうけど、「解釈は観た人に委ねる」っていうのは、どこまで許されるの? そういうの、本作については、あんまり気持ち良くないなあ。

荒れ地の魔女も、好きになれないキャラ。よぼよぼの要介護状態になってからは、思わず同情しちゃうけど、ソフィーに呪いをかけたのはヤツだし、カルシファーを消しちゃったのもヤツ(ボケたのか?)。すっかり仲間になってる構図が納得いかない。なのに、そんな考えは心が狭いと言わんばかりのラスト。いかがなものかと思うよ。

ハウルも、キムタクの意外に爽やかな声とあいまって、好感度高そうだけど、オレとしてはさほど魅力なし。地味ーなソフィーもね。面白かったのはカルシファーぐらいなもの。

欧風な音楽が格調高い雰囲気を出してるけど、なんか眠気を誘うのも事実。もっと冒険、もっと浮遊感を求めて観たのは、間違いなのか。

まあ、文句ばかり書き連ねてしまったけど、アニメとしては日本最高峰だと思うし、物語の水準も高い。センスが合わなかっただけのことなんでしょう。

しかし、今回は「これで引退」って言わないね。恒例行事だと思ってたんだけど。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/170-1e3265fd

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。