スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディ・ジョーカー

原作が先か、映画が先か・・・この問いには、基本的に「映画が先」派なんだけど、この作品は、観る前に読んどいた方が良かったかも。
登場人物が多く、丁寧に字幕入りで紹介してくれるんだけど、覚えるのに必死になるのって、なんか本末転倒。そういう意味で、映画に向いてない題材なんだろう。

犯罪ものに欠かせない動機についても、提示はしてるけど、共感できるところまでは行かず。原作読んでれば、そういう下地もあるんだろうけどね。

サスペンスとしてワクワクするような場面もなく、退屈はしなかったけど、盛り上がりもなかった。「映画化不可能」なのを映画にした努力は認めるけど、小説にしばられすぎたのかな。

映画単体では残念な出来と言わざるをえないが、2時間じゃとても描ききれない深いものが、原作にはあるということでしょう。逆に、原作必読の思いを強くしました。

なかなか豪華なキャストの中で、異彩を放っていたのが、吉川晃司。ぼさぼさ頭に無精ひげで、いつも不敵な笑みを浮かべてる悪徳刑事。今年の助演男優賞方面は総なめにしそうな怪演でした。

せめて「レディ・ジョーカー」の名前の由来ぐらい、劇中で教えてほしかった・・・。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/160-28282b64

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。