スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリンチ

2000年の全米興収第1位というすごい作品なのに、予告編見ても興味がわかず、今まで全然食指が動かなかった。そろそろ観とかなきゃ、という義務感で借りてきた。
ドクター・スースってのは、アメリカじゃ超有名人らしい。その独特の世界が、ファンにはたまらんようで、この映画でも、ロン・ハワード以下スタッフたちがかなり力を入れて、実写化に必死の努力をしたみたいだ(DVDの特典映像より)。

確かに、そういう視点で観ると、これはすごい映画だ。セットや人物の造詣、シルク・ド・ソレイユによる動き、長時間のメイクに耐えるキャストたち、みんな偉い。

最初はネガティブイメージのグリンチも、クリスマスの大騒ぎの中で、結構はしゃいじゃったりして、なかなか笑えるキャラだ。ラストはそれなりに感動するし。

でも、心の底からワクワクする映画だったかというと、そうでもないんだなー。フーヴィルたちの容姿は、いかにも外人好みという気がする。かわいさを演出しているのに、そんなにかわいいと思えません。

オレが子供で、もっと素直だったら、楽しめたのかも。自分が大人になってしまったことを、不覚にも気づかされてしまいました。ちょっとショボン・・・。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/156-d2de0a95

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。