スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラテラル

トム・クルーズが冷徹な殺し屋に挑戦した意欲作。トムくんファンならこれは見逃せない。レイトで観てきた。
トムくん演ずるヴィンセントは新鮮だったし、これに真っ向から受けて立つジェイミー・フォックスも相当な熱演で、男と男のぶつかりあいをたっぷりと堪能できた。でも、最後はなんかもの足りず。これは演出に原因がありそうだ。

マイケル・マンって、クライマックスまではいいんだけど、それ以降いつも失速してる気がする。絶賛されてる「ヒート」も「インサイダー」も、オレはそれで評価下げてます。この映画もそう。

冒頭から女検事を乗せるまでの編集のうまさ、車中の会話の妙、アクションなくても十分な出来で、またもや「これは傑作かも!」と期待しちゃいました。

強引な展開も、主役二人の魅力を引き出すために用意してるので、それは許す。でも、ラストにひとひねりほしかった。そこで普通の映画になっちゃった。まあ、途中がいいので許しちゃうけど。

最後に、ヴィンセント名台詞集。

「しゃべらず、行動で結果を出す。それがクールだ」
「母親には花を買っていけ。お前を9ヶ月も腹に入れていたんだ」
「親は自分の欠点を子供に見つけて、それを咎めるんだ」

うーん、クールだぜ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[15]

コヨーテ出現と、バーの奇抜な音楽で僕は大満足でしたけどね。
Tom Cruise のオールバック&銀髪も♪
人それぞれの観方がありますしね。
僕はあきらかにミーハーです。
美人女優・男前男優・テンポ・音楽・脚本
こんなキーワードが重要かなぁ。
だから、ジェリー・ブラッカイマーなんか大好きですよ。(笑)

[16]

>Castorさん
好きなんですよ、この映画は。
トムくんも信頼してるしね。
こういう、俳優にスポットを当てる映画って、
演じてると俳優冥利に尽きるんでしょうね。
そんな感じが伝わってきました。
オレもジェリー・ブラッカイマー好きです(笑)

[571] クールでホットな殺し屋トム

達也です。
『コラテラル』って、
いろんな意味でいい映画だと思いますよ。
例えば、平凡な男と、冷酷なプロの殺し屋『ヴィンセント』との 価値観の違いや、それぞれの弱さ、悲しさが交錯するタクシー内での会話のシーンは、この映画の見所の一つだと思うし。音楽もいい。
確かに後半からエンディングに関しては、?なところも・・・。

P.S トラバさせてもらいますね。

[572] >TATSUYAさん

結構面白かったんですけどね。ラストで今ひとつでもったいなくて、どうもグチっぽいレビューになっちゃいました。

マイケル・マン作品の予告編って、男心をくすぐるんですよ。そんでもってすっごく期待してしまう。「マイアミ・バイス」も観に行っちゃいますよ、もちろん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/153-cad49d80

『コラテラル』で、悪役トムクルーズを堪能する。

悪役を演じてこそ、名優。 コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディショントム・クルーズ (2005/03/04)パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン この商品の詳細を見る「人は見た目が9割 」と言う本

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。