スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Returner リターナー

VFXもアクションも、邦画ばなれした雰囲気が予告編から感じとれて、ちょっと期待していた。テンポが悪くなければ、結構いけるんじゃないか。
この映画の魅力は、金城武と鈴木杏のコンビの良さだ。二人それぞれ過去(未来?)を持ち、反発しあいながらも結びつきを深めていく。見た目の派手さについ目が行くけど、意外に土台をきちんと作っているのだ。金城が杏に「諦めるな」という場面は、ちょっとくさくてテンポを落としちゃってるけど、結構ジンと来た。こういうくさいのは歓迎です。ハリウッドならここまでやらない。

ラストもちょっとしつこいかなと思ったけど、伏線も張ってあるし、そこまでの二人のつながりが描けているから、まあいいかなと思ってしまう。

ただし気になった点もある。一つは岸谷吾朗の演技。かなり力が入ってて、ブチギレすることによって、国際的なイメージの二人に勝負しているように見える。そっちの方向に行き過ぎて、あんまり魅力を感じない。ミスキャストだったんじゃないだろうか。

さらには、この溝口というキャラが簡単に人を殺すので、その場面だけが急に凄惨な感じになってしまう。主役二人が爽やかなだけに、このミスマッチは大きい。テーマ的にも、殺人シーンは最小限にしてほしかった。

それでも、この映画の持つ雰囲気はなぜか暖かく、鑑賞後満足感を覚えた。邦画のいいところを押さえながら、世界公開にも耐えうるエンタテインメントになったんじゃないかしらん。アメリカでも公開中だし、いろんな人に観てもらいたいもんです。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/129-4382e88c

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。