スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマトリックス

本当なら「リローデッド」の前に観なければいけなかった。「レボリューションズ」公開も近いし、あわてて借りた。とはいえ、9本の短編のうち5本はすでに観賞済みだ。
「ファイナル・フライト・オブ・ザ・オシリス」
「ドリームキャッチャー」の前座で観た。これは「リロ」への重要な伏線だ。前半のセクシー訓練シーンに意味はないが、人肌をCGで描くことにチャレンジしたということだろう。現在の最高水準を見ると、「シモーヌ」がまだ非現実なのがわかる(だまされたけど(笑))。ところで、邦題が「オサイリス」じゃなくて「オシリス」なのは、やっぱりお尻が出てきたから?(オヤジギャグ)

「セカンド・ルネッサス パート1&2」
これはネット配信済みだから何回も観た。この歴史絵巻はかなり響くね。残虐でグロテスクがシーンが続き、しかもそれが現実的で落ち込む。人間の愚かさは救いがたい。ラストにかかる悲壮なスコアが印象的。

「キッズ・ストーリー」
初見。これも「リロ」への伏線だったけど、「リロ」にはただ出てきただけなので、さほど重要ではない。「レボ」では活躍するんかしら。タッチが独特だったけど、内容は大したことない。気づいて逃げて、リアルワールドへ。それだけ。

「プログラム」
これも配信済み。シンプルな内容なんだけど、結構お気に入り。ああいうテストは辛いよね。哀しい物語が、マトリックスの世界に合ってる。キャラも美しく、絵もこれぞまさにジャパニメーション。何回も観ました。

「ワールド・レコード」
初見。ジョジョ風なキャラが独特の雰囲気の作品。でも、これもあんまり好みじゃないな。スポーツとマトリックス、うーん、イマイチ合ってない。

「ビヨンド」
初見。これは面白かった。日本の日常的な風景とマトリックス世界の見事な融合。世の中の不思議な出来事も、コンピュータ・エラーですべて片付く。これを怖がらずに楽しむ子供たちが、ちょっと羨ましい。マトリックスで「とおりゃんせ」!ステキ!

「ディテクティブ・ストーリー」
こいつも配信済み。レトロな色調の、ハードボイルド・マトリックス。結構気に入ってます。探偵が真相にたどり着くまでは、正統派ハードボイルドだし、「俺は古い人間だから・・・」と死を選ぶラストも、もの悲しくて沁みる。いい作品だ。

「マトリキュレーテッド」
初見。ちょっと日本アニメと違うと思ったら、これだけ監督は外人。でも逆転の発想的ストーリーは面白かった。ビジュアルも独創的で嫌いではない。マシンの哀しみを感じるラストは秀逸。

このDVDの特典も豪華で、全部見るのにえらい時間がかかった。メイキングを見ると、これが日本アニメ界では革命的なプロジェクトだということがわかる。アメリカ人から見た「日本アニメの歴史」も興味深い。「ガッチャマン」や「ヤマト」も出てきたけど、宮崎作品はゼロだった。文化論にまで踏み込んだ内容で面白かった。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/101-a74accef

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。