スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

ランゴ」を観ようと朝イチで劇場に向かったら時間に間に合わず、二次案だった本作を観ることにした。3D吹替版で鑑賞した。
スパイキッズ4D」の時に見た3D予告編が、悪い意味で驚かせる出来だったので、実はあまり期待してなかった。なので2Dでもよかったんだが、3Dメガネ持ってたし、あとで後悔したくなかったので、3Dを選択した。

奥行き感はもちろんあったし、アクション映画なので迫力が増した場面もあった。でも3Dで観てよかったと思うほどでもなかったかな。300円増しに目くじら立てるつもりはないけど、これなら2Dでも十分だわ。

というかそれ以前に、2時間どうにも眠くて眠くて、全然のめりこめなかったのだ。原因は睡眠不足だけじゃない。先月から偏頭痛の予防薬を飲んでいるんだけど、副作用の眠気にちょうど襲われてしまったらしい。ちょっと眠いぐらいならよくあるが、全編にわたってうつらうつらは珍しい。

ストーリーを追えないほどじゃなかったので、話の筋はわかった。でも、見せ場のアクションシーンでもカクッといったりして、これじゃ映画を観たとは言えないわね。

ちゃんと観た人は面白かったのかもしれない。でももしかしたら、眠気のせいではなくて、本当にさほど面白くない映画なのかもしれない。後者の可能性もあるので、的外れであることを前提に書き進める。

まずもって副題である「王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」がうさんくさい。「王妃の首飾り」はいいが、「ダ・ヴィンチの飛行船」というのは完全に創作でしょ? 「三銃士」という古典の脚色にしては、ちょっと大胆すぎる。確かにCGで何でもできる時代だけど、とにかく派手に作れば観客は喜ぶと思うんなら、それは浅はかだ。飛行船同士の空中戦や、高い屋根の上での決闘なんか、リアリティなさすぎてハラハラもしなかった。眠いのは本当に薬のせいだったのか疑わしい。

主人公のダルタニアンにも肩入れしづらい。屈辱的なエピソードを盛り込んで、どん底からはい上がって成長したりしたなら、もっと共感もできよう。でも初めから自信満々で、最後まであの調子なんだもの。剣の腕前も最初っから三銃士並だし。強くてしかも甘いマスクだから、女性の受けは良さそうだけどね。

三銃士の3人はそれぞれ個性的なキャラだったから、特に文句はない。でも3人とも知らん顔で、他の有名キャストと比べると完全に見劣りする。タイトルロールなのにこの扱いは、とっても不思議。

豪華なのは悪役陣。黒幕の枢機卿に、「イングロリアス・バスターズ」で世界の助演男優賞を総なめにしたクリストフ・ヴァルツ。フランス版峰不二子のミレディに、監督の奥さんのミラ・ジョヴォヴィッチ。慇懃無礼なバッキンガム公爵に、最近パッとしないオーランド・ブルーム。これだけそろえば、ネームバリューの低い三銃士にはかなりの強敵だろう。

・・・と思えないのが、本作の不思議なところだ。まずヴァルツだが、彼はあの怪演の記憶が強すぎて、この程度の悪さではどうにも物足りない。一番悪いヤツが最後に制裁を受けないのもぬるい。歴史がそうだから殺せないんだろうけどね。

オーリーの悪役初挑戦というのも本作の売りのひとつらしいが、油揚げをかっさらったり、嫌味を言ったりする程度で、ただのイヤなヤツレベルで終わっていた。アクション映画なのに全然激しいところがないのだ。でも、普通なら役不足と言い切るところだが、オーリーそのものが大した役者じゃないので、それほど違和感はなかった。彼ならこんなもんでしょ。

一番がんばっていたのは、やはりミラだ。あんな重そうな中世のコスプレで、飛んだり跳ねたり撃ったり刺したりと、見せ場を相当作っていた。まあ、実の奥さんだからね。監督も他のシーンより真剣に撮ったんでしょう。

続編作る気満々のラスト。最近こういうの多いね。間違いなくヒットすると皮算用したんだろうけど、アメリカでの公開第1週目はまさかの4位スタート。興収は1000万ドルにも届かなかった。フランスの状況はわからないけど、英語圏で作られた「ド派手三銃士」がバカ受けするとも思えない。これでも続編作れるのかな。難しいと思うけど。だったらああいうラストは、恥ずかしいだけだから止めた方がいい。カッコ悪いわ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[714] そのとおりと思ったので・・・。

ポチッ!して帰りますね~。

[715] >水樹さん

ポチッ!とありがとうございます。
辛めの書き方だったのですが、ご理解いただけてうれしいです。
これからも時々お寄りください。よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/1007-1f5a5058

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

(↑ワーナー系列オリジナルの携帯カレンダー)三谷幸喜版人形劇をしっかり観ておいて良かった。新三銃士かつて上映された三銃士は、一つも観てないので、あやうく人間相関図がわからなくなるところだった。人形劇でないとミレディのキャラクターが何を考えているかわから...

■映画『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

人気シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」で、2003年から2007年まで、クセモノおじさんヒーロー(ジャックね)に対抗する若き正統派ヒーローを演じてきたオーランド・ブルームが、続編出演を蹴って出演した新作映画『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』。 ...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。